井氷鹿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

井氷鹿(いひか)は、『古事記』『日本書紀』に記述される大和国国津神。『紀』では井光と表記される。吉野首等の祖。

『記』の記述には、神武天皇東征のおり、熊野から吉野(大和)へ入り、贄持之子の次に出会った神とされ、光るから出て来た上に、のある人(有尾人)であったとしている(『紀』では、「光りて尾あり」と記述されるのみ)。天皇がお前は誰かと問うと、「私は国津神で、名を井氷鹿」と答え、吉野首等(よしののおびとら)の祖なりと記される。

ここでいう井とは後世でいうような地中を掘った井戸ではなく、川岸に(木を井の字形に組んだもの)を出したものとみられ、「井氷鹿が井から出て来た」とは、「川から上がって来た」といった意味と考えられる[1](『記』の場合、「光る川」という意味になる)。

尾については臀部に何かをぶら下げていたとも解釈されている[2]。また神武天皇が吉野に入って3番目に出会う国津神である石押分之子国巣の祖、『紀』では「磐排別が子」と表記)についても「尾のある人」と記述されている(つまり大和の国津神は有尾人として表現されている)。

備考[編集]

  • 古事記伝』では、井光のあった地を飯貝(現吉野町飯貝)とし、「伊比加比」が訛って「イヒカ」になったとする考察をしている[3]
  • 『古事記』では、のちに大和国の忍坂(現桜井市)においても尾の生えた土雲が大室(『記伝』では土中の室で山腹に横穴を掘ったものと解釈)にいた記述があるが、八十猛が久米の歌を歌ったのちに刀を抜き、斬殺している[4](従った吉野の国津神とは対照的な記述となっている)。

脚注[編集]

  1. ^ 川口謙二 『東京美術選書23 続神々の系図』 東京美術 初版第8刷1996年 ISBN 4-8087-0062-X p.27.
  2. ^ 同『続神々の系図』 p.27.
  3. ^ 『日本書紀 上 日本古典文学大系岩波書店 第5刷1971年 p.198.脚注7。
  4. ^ 『古事記 祝詞 日本古典文学大系』 岩波書店 第21刷1977年 pp.157 - 159.

関連項目[編集]

  • 長尾神社 - 水・井戸の神と認識して祀る
  • 長脛彦 - 東征以前からの大和の先住民