井川高雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いかわ たかお
井川 高雄
生誕 (1937-08-28) 1937年8月28日(81歳)
日本の旗 日本 愛媛県
出身校 慶應義塾大学
職業 実業家
子供 井川意高(長男)

井川 高雄(いかわ たかお、1937年8月28日 - )は、日本の実業家・経営者である。大王製紙創業家2代目で、同社社長・会長等を歴任した。

概要[編集]

大王製紙の創業者である父伊勢吉の社長時代に、倒産という修羅場を経験したが、父と力を合わせて大王を再建[1]。家庭用紙への参入など時代の先を読む経営手腕を発揮して、同社を王子製紙、日本製紙に次ぐ業界3位の総合紙パルプメーカーに育て上げた[1]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1937年昭和12年)、当時愛媛県宇摩郡三島町(現在の四国中央市)で製紙原料商を営んでいた井川伊勢吉の長男として生まれた[2][3]

1943年(昭和18年)、父・伊勢吉は大王製紙を創立、社長に就任した。

学生時代[編集]

大阪府立北野高等学校を経て、慶應義塾大学文学部卒業[1]

大王製紙[編集]

大学を卒業した1962年昭和37年)、大王製紙に入社したものの、同社は会社更生法の適用を申請、倒産という修羅場を経験した[1]

井川は一度は大王製紙から離れて関連会社出向[4]、同社の更生手続が終了した1965年(昭和40年)、同社に復帰した。1987年(昭和62年)には同社社長に就任した。1995年平成7年)には、創業家の出身ではない社員、大沢保に社長職を譲ったものの会長に就任、同職を1999年(平成11年)まで務めた。

会長退任後も、大王製紙最高顧問として経営に影響を与え、2007年(平成19年)6月には実の長男、井川意高を第4代大王製紙社長に就任させた。

しかしながら2011年(平成23年)10月、長男であり第4代社長就任中であった井川意高が関連会社等の資金100億円超を私的な目的で不正に引き出して損害を与えたという大王製紙事件が明らかになるに及び、井川高雄も同月28日付で最高顧問職を解嘱となった。

その後、2012年(平成24年)10月に顧問に復帰したが、2014年(平成26年)10月28日、複数の金融機関に秘密情報を漏洩するという顧問契約の違反行為があったとして再度解任された[5]

また、2014年6月23日には「事件に関与していないのに顧問を解任された」として、社長の佐光正義に対し、新聞への謝罪文掲載と1億1000万円の慰謝料を求める訴訟を東京地裁に起こしている[6][7]

人物像[編集]

大王製紙の“中興の祖”とされている[8]

当時大学生の意高銀座高級クラブ通いを奨励し、飲み代まで負担していたという[9]2006年平成18年)には、『第56回 愛媛新聞賞』を受賞している[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 【時代のリーダー】井川 高雄・大王製紙代表取締役:日経ビジネスオンライン
  2. ^ 第二十一版 人事興信録(上)』(昭和36年)い五頁
  3. ^ 愛媛の偉人・賢人の紹介
  4. ^ a b 井川高雄 大王製紙 企業家人物辞典、平成23年11月23日閲覧
  5. ^ 大王製紙、井川高雄顧問を解任 「秘密情報を漏洩」 日本経済新聞 2014年10月28日
  6. ^ 大王製紙顧問が社長提訴 「特別背任めぐり名誉に傷」 朝日新聞 2014年6月23日
  7. ^ 創業家との対立続く大王製紙…井川顧問再び解任 読売新聞 2014年10月28日
  8. ^ 週刊文春』(2011年11月10日号)30頁
  9. ^ 週刊文春』(2011年11月10日号)32頁