井川家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井川家(いかわけ)は日本実業家の一族。

家庭用品「エリエール」のブランドで知られる、大王製紙の創業家である。

製紙業パルプ製造業の企業を経営してきている。井川家の創設者は先代井川伊勢吉である。

本家と分家[編集]

本家は元大王製紙代表取締役会長の井川意高で、イカワグループを経営[要出典]する。分家は井川伊勢吉の実の妹・井川糸江の孫井川直樹が当主で、タイカワグループを経営する。

  • イカワグループ
井川伊勢吉 - 井川高雄 - 井川意高という順で大王製紙代表取締役社長を務めていたが、元大王製紙代表取締役社長の意高が大王製紙事件を起こしたため、井川家本家は大王製紙の重役からは一掃された。
  • タイカワグループ
井川伊勢吉の妹・糸江と井川重樹の間に一雄、雄治、健三の三人が生まれ、一雄の子が井川直樹(現当主)の子が井川留碧
井川家分家はタイカワグループの会社を経営している。

主要企業[編集]

  • イカワグループ
    • 大王製紙 - 井川伊勢吉が創業(現在はイカワグループのものではないがグループ企業の株を50%以上保有)
    • カミ商事 - 井川伊勢吉の弟井川和一が創業
    • 大王海運 - 代表取締役社長 玉井一郎
  • タイカワグループ

参考文献[編集]