井口竜也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井口 竜也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県川崎市多摩区
選手情報
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

井口 竜也(いぐち たつや)は、元アマチュア野球選手(内野手)。

来歴・人物 [編集]

武相高校三塁手として出場し、1982年夏の甲子園予選の準々決勝に進むが、その準々決勝で高田誠らがいた法政二高校に敗れ、甲子園への出場を果たすことができなかった。高校同期にエースの佐藤和弘がいた。

その年のドラフト会議横浜大洋ホエールズから6位指名を受けたが入団を拒否し[1]日本鋼管に入社した。

1987年に開催されたインターコンチネンタルカップの日本代表のメンバーにも選ばれた[2]

引退後は、少年野球での指導に当たった。

出典[編集]

  1. ^ 過去のドラフト 第18回(1982年) - ドラフト会議 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年7月9日閲覧。
  2. ^ 「日本社会人野球協会会報1987」日本社会人野球協会 1988年