井口和基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井口 和基(いぐち かずもと、1957年10月13日 - )は、日本のフリーランスの物理学者である。

経歴[編集]

山梨県甲府市生まれ。1980年3月、東京理科大学理工学部物理学科卒業[1]。卒業論文「Brown運動について」、小口明秀教授の指導による。

1982年3月、大阪大学基礎工学研究科数理系修士課程修了[1]。修士論文「固体内電子のプラズモン」、宮城宏教授の指導による。

1985年5月、大阪大学物性物理工学系博士課程退学[1]。1985年6月-12月、住友セメント中央研究所研究員[1]

1986年9月、ユタ大学物理学部Ph.D.コース入学[1]1989年5月、同大学物理学部“Outstanding Graduate Student Award”受賞[1]1991年、博士論文"Theory of Quasiperiodic Lattices"(「準周期格子の理論」)をまとめる。ビル・サザーランド(en:T. Bill Sutherland)教授の指導による。

主張[編集]

著作[編集]

  • 『日本社会の構造的問題とその解決の方向 - 三セクター分立の概念』近代文芸社 1995/02
  • 『三セクター分立の概念 - 日本社会の構造的問題とその解決の方向 アカデミズム』太陽書房 2001/12
  • 『何が科学をつぶすのか?』太陽書房 2002/08
  • 『物理お宅博士のスポーツ観戦記 - 日韓ワールドカップ2002』太陽書房 2003/05
  • 『物理お宅博士のスポーツ観戦記 - ソルトレイク・オリンピック2002』太陽書房
  • フラーカウフマンの世界』太陽書房 2004
  • 『柘植の「反秀才論」を読み解く〈上・下〉』太陽書房 2004/10
  • ジェームズ・クラーク・マックスウェル著、井口和基訳『マックスウェルの電磁気学』太陽書房 2012/12
  • ニコラ・テスラが本当に伝えたかった宇宙の超しくみ〈上〉 忘れられたフリーエネルギーのシンプルな原理 超☆わくわく』ヒカルランド 2013/11
  • 『ニコラ・テスラが本当に伝えたかった宇宙の超しくみ〈下〉 地震予測とUFO飛行原理のファイナルアンサー 超☆わくわく』ヒカルランド 2013/12

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]