井口一彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井口 一彦(いぐち かずひこ、1966年11月23日)は、東京都出身の日本のロック歌手、ミュージシャンシンガーソングライターである。

THE HEARTヴォーカルギターとして、Mother&Childrenレーベルより1988年2月1日、アルバム『CHAPMAN』でデビュー。1992年の解散後はソロに転向し、現在は自主レーベルにて作品をリリース。2005年にはTHE HEARTも復活した。

アコースティックの老舗イベントTOKYO ACOUSTIC NITEの発起人でもある。

人物[編集]

東京都練馬区出身。幼少の頃に母親の働く小料理屋に来ていた『流し』に合わせて歌い、その才能の片鱗を見せる。小学三年生でKISSに衝撃を受け、ベイシティローラーズ矢沢永吉に憧れる。また、不慮の死で亡くなった小母さんから譲り受けた形見のギターでフォークに目覚める。バスケットボールとギターに夢中になった中学生の頃にはバンドも結成し、1985年、YAMAHA主催のEAST&WEST'85に出場、中野サンプラザ(決勝大会)にてみごとグランプリを獲得。全国大会LMC(ライトミュージックコンテスト)にて、準優勝とベストヴォーカル賞を受賞。この時たまたま観に来ていた関係者に声をかけられ、マザーエンタープライズと仮契約を結ぶ。

THE HEARTはメンバーチェンジを経ながら6枚のシングルと4枚のアルバムを発表し、合わせて精力的なライブ活動を展開するが、1992年9月に解散。井口はソロ活動に転向。だが1996年をもって一切の音楽活動を停止し、表舞台から姿を消す。

だがインターネットの普及に伴い、古くからのファンがサイトを立ち上げていることを知った井口は復帰を決意し(その際ファンサイトに、復帰を知らせるメッセージを自ら送っている)、2000年、手はじめに自らのサイトを開設。翌年から音楽活動を再開する。その後はソロプロジェクトやTHE HEARTの再結成、オフィシャルサイトの運営を代表的な活動としている。

ディスコグラフィー[編集]

ALBUM
  • 『CHAPMAN』 THE HEART/1988年2月1日発売
  • 『雨は止みそうもない』 同上/1988年11月21日発売
  • 『黄熱』 同上/1989年11月28日発売
  • 『アカシア』 同上/1991年7月25日発売
  • 『de novo』 ソロアルバム/1994年5月25日発売
  • 『a Chronicle of THE HEART』 THE HEARTベストアルバム/1996年7月25日発売
SINGLE
  • 『ふたりぼっち c/w胸のボタンをはずせ』 井口一彦ソロシングル/1994年5月25日発売

メディア[編集]

  • 東海ラジオ「SFロックステーション」
  • FM NACK FIVE「MID NIGHT SPECIAL"ラヴ・ソング・オン・チューズデイ"」
  • FM福岡「FMロックサーキット」
  • AIR-G'「FM ROCK KIDS」
  • FM802「THE HEARTS GATE」

など、ラジオのDJとしても活躍。ソロ活動開始時には一夜限りの『オールナイトニッポン』パーソナリティにも就き、当時のヒット曲に似ている(元ネタと思われる)楽曲を流す、などの企画が行われている。

FM NACK FIVEでは、開局と同時に番組も放送が開始され、開局前夜には井口の声での「試験放送」が行われた。当時の所属事務所の方針からか、テレビの出演は少なく、深夜の音楽番組や地方の音楽番組以外は出演していない。THE HEART6枚目のシングル『遠い足跡』はアルペンのCMに起用された。ソロデビューシングル『ふたりぼっち』はMBS大阪テレビ"乾杯!トークそんぐ"のエンディングテーマとして起用された。

関連ミュージシャン[編集]

THE HEART他サポート
ソロ以降の主なBAND参加者

外部リンク[編集]

http://www.facebook.com/kazuhiko.iguchi.3