井出台水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
井出治から転送)
移動先: 案内検索

井出 台水(いで だいすい、本名・井出治、1865年4月29日慶応元年4月5日[1]) - 1950年昭和25年)8月1日[2])は、岡山県出身の日本俳人陸軍軍人。最終階級は陸軍主計総監(中将相当官)。別号に彭洋。

経歴[編集]

岡山県赤磐郡熊山町(現在の赤磐市)に生まれる。少年時代から父の影響で定形俳句を始めるも、軍人の道を進み、工兵中尉から経理部へ転科し[1]陸軍経理学校卒業後、陸軍省経理局建設課長、陸軍主計監・第18師団経理部長、近衛師団経理部長、朝鮮駐剳軍(朝鮮軍)経理部長等を歴任。1916年8月18日、待命となり、1917年1月17日、予備役編入と同時に陸軍主計総監にまで上り詰めた[1][3]

日露戦争に従軍した際に、軍人仲間で『拍車会』という句会を結成し、以降、荻原井泉水河東碧梧桐らの指導を受けるようになる。とくに碧梧桐の門下で新傾向俳句、のちに自由律俳句に傾倒。中塚一碧楼が主宰した海紅の同人となり、異色の自由律俳人かつ軍人となった。海紅を去って以降の碧梧桐が主宰した『碧』や『三昧』にも参加し、風間直得の提唱したルビ俳句も詠んでいる。1921年(大正10年)に満州の地で自由律俳句結社、『アカシア会』を結成、大陸に日本の自由律俳句を広めようと尽力した。

親族[編集]

長男養子)の宣時も陸軍大学校第29期生(首席)で父と同じく陸軍中将となり、旅順要塞司令官を務めた。次男の洋も陸軍士官学校52期生で陸軍少佐として太平洋戦争を生き延び、戦後、陸上自衛隊において陸将少年工科学校(現在の高等工科学校)校長となった、軍人一家である。

栄典[編集]

句集など[編集]

  • 『台水口調』(個人句集)
  • 『現代俳句集』(1929年・改造社)台水の句、30句を収録

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『日本陸軍将官辞典』84頁。
  2. ^ 日外アソシエーツ(2010)、p. 78
  3. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』512頁。
  4. ^ 『官報』第1357号「叙任及辞令」1917年2月12日。

参考文献[編集]

  • 吉備路文学館『吉備路文学館 文学者データベース』
  • 上法快男監修/外山操編『陸海軍将官人事総覧』芙蓉書房、1968年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 日外アソシエーツ編『人物レファレンス事典 文芸篇』(2010年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]