井出彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井出 彰(いで あきら、1942年7月6日 - )は、神奈川県出身の編集者、出版社経営社、エッセイスト、小説家。株式会社図書新聞代表。

略歴[編集]

神奈川県箱根町生まれ。早稲田大学卒業。

26歳の時に、日本読書新聞に入社。のち編集長もつとめる。

1973年に退社して、自身の出版社「三交社」を起こすが、10年後に倒産。図書新聞に編集長として入社し、1988年より代表も兼務。のち編集長からは退き、現在に至る。

そのかたわら、エッセイや小説も発表。2004年には、小説「精進ヶ池へ」で第3回小島信夫文学賞奨励賞を受賞。

著書[編集]

  • 里川を歩く 風濤社, 1998.3
  • 監督術―それぞれのベースボール 編著 洋泉社 1992.3
  • 休日、里川歩きのすすめ 平凡社, 2001.7
  • 精進ヶ池へ 河出書房新社, 2006.10
  • 伝説の編集者・巌浩を訪ねて 「日本読書新聞」と「伝統と現代」社会評論社 2008.11
  • 地上の人々―三人のホームレス パロル舎 2011.6
  • ドストエフスキーと秋山駿と―人はどこから来て、どこへ行くのか (情況新書) 秋山駿共著 世界書院 2011.10
  • 書評紙と共に歩んだ五〇年 (出版人に聞く) 論創社 2012,12 - インタビュー