井上静

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井上 静 (いのうえ じょう)は評論家。本名・枇々木靜。名のふりがなが「しずか」となっていることもあるが、間違えられたまま通用したもの。(著書裏付記載)

経歴[編集]

もともとは映画関連の評論を書いていた。日本映画監督協会から招待を受けて取材したこともある。(2006年2月26日、日本映画監督協会創立記念報告。月刊誌『紙の爆弾』など)。

医療過誤の被害を受けたため、原因の手術を行った国立防衛医科大学校の責任を問い国家賠償請求訴訟を起こし、2001年12月に勝訴した。賠償請求の金額は全部ではなかったが、事実関係は総て認容されたため、全面的な勝訴であった。(同年同月18日付、『朝日新聞』『毎日新聞』『東京新聞』『読売新聞』『日本経済新聞』)

これに対し国と防衛庁は一審判決を受容れて控訴せず、翌2002年1月に判決確定したため、後に画期的な判決であったと報じられた(同年7月2日『読売新聞』『テレビ朝日』)。

訴訟中、施行されたばかりの情報公開制度によって担当医師の経歴を入手し、専門医としての資質に欠ける部分が存在すると追及した。このため、防衛庁が密かに作成した「情報公開請求者リスト」に掲載され監視をうけていたことが、『毎日新聞』のスクープ記事によって明らかとなった。この問題は国会でも取り上げられた。

この医療裁判の体験から、医療問題の本と雑誌記事を書き始めた。

また、加害医師は防衛医大を退任したのち専門外の在宅診療に手を出して問題を起こした。特にタレントの大橋巨泉氏に不適切な薬物投与を行い衰弱を促進させたことで、氏の死後その遺族から医師は批判された。これを過去の防衛医大訴訟と併せてマスコミが取り上げた。(2016年8月『週刊ポスト』[1])。

著書[編集]

メディア出演[編集]

新聞

  • 「医療ルネッサンス」読売新聞2002年
  • しんぶん赤旗2000年、2002年
  • 社会新報2002年

テレビ

  • ニュースステーション(テレビ朝日)2002年録画出演
  • とくダネ!(フジテレビ)2002年録画出演
  • TVタックル(テレビ朝日)2002年録画出演

外部リンク[編集]

公式サイト

関連 

俳優による批評