井上敏明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 敏明(いのうえ としあき、1951年昭和26年)1月3日 - 1993年平成5年)2月28日)は日本の三段跳び選手。元日本記録保持者。

略歴・人物[編集]

1950年(昭和26年)に岐阜県加茂郡川辺町に生まれる。法政大学を卒業し、日立製作所に入る。

陸上競技の三段跳びの選手で、日本選手権では通算4度の優勝をする。1972年(昭和47年)に鹿児島国体で16.67メートルを跳び日本記録を更新する。

1972年(昭和47年)にミュンヘンオリンピック1976年(昭和51年)にモントリオールオリンピックに日本代表として出場する。

ミュンヘンオリンピックでは15.88メートルを跳び12位に入る。

1993年(平成5年)2月28日に農作業中の事故により死去、42歳。

参考文献[編集]