井上岳志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井上 岳志
基本情報
階級 スーパーウェルター級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1989-12-01) 1989年12月1日(29歳)
出身地 東京都足立区[1]
スタイル オーソドックス[2]
プロボクシング戦績
総試合数 15
勝ち 13
KO勝ち 7
敗け 1
引き分け 1
テンプレートを表示

井上 岳志(いのうえ たけし、1989年12月1日 - )は、日本プロボクサー

東京都足立区出身。ワールドスポーツボクシングジム所属。第37代日本スーパーウェルター級王者、第35代OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王者。元WBOアジア太平洋スーパーウェルター級王者。

人物[編集]

小・中学校ではサッカーをやっており、ボクシングは中学3年生から始めた[3]

駿台学園高校時代は国体優勝を果たして[4]法政大学ではボクシング部主将を務めた[5]

強化指定選手に選ばれたが五輪出場は果たせなかった[6]

来歴[編集]

2013年11月14日に後楽園ホール米澤重隆の引退スパーリングの相手を務めた後、ワールドスポーツボクシングジムからのプロ入りを表明した[7]

2014年8月2日に足立区総合スポーツセンターで永田大士とのプロデビュー戦に臨んで、0-1の引き分けで終わった[8]が、同年11月14日に行われた試合にて3回1分18秒KO勝ちでプロ初白星を挙げた[9]

2015年2月、小口幸太に勝利して同月にJBCの発表した最新ランキングで初めてウェルター級日本ランク入りを果たす[10]

その後6連勝して2017年1月14日に後楽園ホールで行われた「第557回ダイナミックグローブ」にて渡部あきのりスーパーウェルター級8回戦を行い、3-0(78-74×2、79-73)で判定勝ちを収めた[11]。なおこの試合で東日本ボクシング協会から2017年1月度月間賞新鋭賞を受賞した[12]

同年4月25日に後楽園ホールで行われた「DANGAN180」のメインイベントにて日本スーパーウェルター級1位の斉藤幸伸丸と日本スーパーウェルター級王座決定戦を行い、7回1分10秒TKO勝ちを収めて日本王座獲得に成功した[13]

また同年8月10日に後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」のセミで日本スーパーウェルター級1位の長濱陸と日本スーパーウェルター級タイトルマッチを行い、8回1分52秒TKO勝ちを収めて日本王座初防衛に成功した[14]。そして同年11月10日に後楽園ホールでOPBFスーパーウェルター級王者ラーチャシー・シットサイトーンとOPBF&WBOアジアパシフィックスーパーウェルター級タイトルマッチを行い、8回2分51秒TKO勝ちを収めてOPBF王座及びWBOアジアパシフィック王座を獲得した[15]

2018年1月17日付で日本スーパーウェルター級王座を返上[16]。同年4月26日に後楽園ホールで野中悠樹IBFスーパーウェルター級2位決定戦を行い、12回3-0(115-113、116-113、116-112)の判定勝ちを収め指名挑戦者になっているジュリアン・ウィリアムズとの指名挑戦者決定戦を行える権利を獲得した[17]

同年12月5日、2019年1月26日にWBOスーパーウェルター級王者のハイメ・ムンギアとWBOスーパーウェルタータイトルマッチを行うことが発表された[18]。また同月中にOPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座を返上[19]、2019年1月11日に発表されたWBOアジアパシフィックランキングでは、同級王座を返上したことも判明した[20]

2019年1月26日、ヒューストントヨタ・センターでWBO世界スーパーウェルター級王者ハイメ・ムンギアと対戦するが、12回0-3(108-120×2、109-119)の判定負けを喫し、王座獲得とはならなかった[21]

2019年8月3日、後楽園ホールで再起戦としてかつて保持していたWBOアジアパシフィックスーパーウェルター級王座をかけて、パトムサック・パトンポートンと対戦し、2回2分24秒KO勝ちを収め、王座を獲得した[22]

獲得タイトル[編集]

  • 第37代日本スーパーウェルター級王座(防衛1=返上)
  • WBOアジアパシフィックスーパーウェルター級王座(防衛0=返上)
  • 第35代OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座(防衛0=返上)
  • WBOアジアパシフィックスーパーウェルター級王座(2期目:防衛0)

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング - 55戦39勝(21KO)16敗
  • プロボクシング - 15戦14勝1敗1分(8KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2014年8月2日 6R 判定0-1 永田大士(三迫) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2014年11月14日 3R 1:18 KO サームソン・ソーメーター タイ王国の旗 タイ
3 2015年2月19日 6R 判定3-0 小口幸太宮田 日本の旗 日本
4 2015年4月16日 2R 0:42 KO クイブリー・シットニワット タイ王国の旗 タイ
5 2015年7月30日 8R 判定2-1 成田永生(八王子中屋) 日本の旗 日本
6 2015年11月13日 8R 判定3-0 美柑英男(渥美) 日本の旗 日本
7 2016年4月22日 8R 判定3-0 エルフェロス・ベガ (MSG平石)  コロンビア
8 2016年9月4日 3R 0:34 TKO ファーサンハン・オーベンジャマッド タイ王国の旗 タイ
9 2016年11月11日 2R終了 TKO イ・チャンホ 大韓民国の旗 韓国
10 2017年1月14日 8R 判定3-0 渡部あきのり角海老宝石 日本の旗 日本
11 2017年4月25日 7R 1:10 TKO 斉藤幸伸丸(輪島功一スポーツ) 日本の旗 日本 日本スーパーウェルター級王座決定戦
12 2017年8月10日 8R 1:52 TKO 長濱陸(白井・具志堅 日本の旗 日本 日本王座防衛1
13 2017年11月10日 8R 2:51 KO ラーチャシー・シットサイトーン タイ王国の旗 タイ OPBF東洋太平洋・WBOアジアパシフィックスーパーウェルター級タイトルマッチ
14 2018年4月26日 12R 判定3-0 野中悠樹(井岡弘樹) 日本の旗 日本 IBFスーパーウェルター級2位決定戦
15 2019年1月26日 12R 判定0-3 ハイメ・ムンギア メキシコの旗 メキシコ WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
16 2019年8月3日 2R 2:24 KO パトムサック・パトンパトン タイ王国の旗 タイ WBOアジアパシフィックスーパーウェルター級王座決定戦
17 2019年10月19日 - - - アニルット・ネルンディ タイ王国の旗 タイ
テンプレート

脚注[編集]

  1. ^ 井上、日本人5人目王座へワクワク 「負けるつもりな一切ない」 スポニチ 2018年12月6日
  2. ^ BoxRecレーティング 【国内/男子】スーパーウェルター級 (69.85 kg以下) BOXINGアンテナ
  3. ^ 【スポーツ異聞】初の世界戦に燃えるボクシング井上岳志「命懸けでやる」 産経新聞 2018年12月18日
  4. ^ 初世界戦の井上岳志、女郎グモ作戦で重量級の壁破る 日刊スポーツ 2018年12月5日
  5. ^ 井上岳志 世界初挑戦@米 ボクシングモバイル
  6. ^ 井上岳志 特集記事 ワールドスポーツボクシングジム公式サイト 2018年12月6日
  7. ^ 国体王者の井上岳志がプロ入り表明 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年11月14日
  8. ^ まずは1勝、将来は世界王者 ボクシングモバイル 2014年8月16日
  9. ^ 3年ぶり復帰の高山和徳、日本4位の上野から勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月14日
  10. ^ 中澤奨、井上岳志ら日本ランキング入り Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月26日
  11. ^ 藤本京太郎がOPBF王座獲得、渡部は井上岳に敗れる Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月14日
  12. ^ 1月の月間MVPは藤本京太郎、敢闘賞に荒川仁人 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年2月13日
  13. ^ 井上岳志が日本SW級新王者、斉藤幸伸丸を7回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月25日
  14. ^ 井上岳志が長濱陸を8回TKO、日本S・ウェルター級V1 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月10日
  15. ^ 井上岳志が8回TKO勝ち、OPBF&WBO・AP王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年11月10日
  16. ^ 井上岳志が日本王座返上、野中悠樹とIBF2位決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年1月18日
  17. ^ 井上岳志が野中悠樹に判定勝ち IBF2位決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月26日
  18. ^ 1.26井上岳志がアメリカで世界初挑戦無敗のWBO・S・ウェルター級王者ムンギアに挑む Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月5日
  19. ^ 日本勢は新たに4選手がランクイン ボクシングモバイル 2018年12月18日
  20. ^ 仲村正男がSフェザー級王座に ボクシングモバイル 2019年1月11日
  21. ^ 井上岳志らしさ出すも及ばず、ムンギアに判定負け Boxing news(ボクシングニュース)
  22. ^ 井上岳志が2回KO勝ち WBOアジア王座返り咲き Boxing News(ボクシングニュース)2019年8月3日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
野中悠樹
第37代日本スーパーウェルター級王者

2017年4月25日 - 2018年1月17日(返上)

次王者
新藤寛之
前王者
ラーチャシー・シッサイトーン
第35代OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王者

2017年11月10日 - 2018年12月18日(返上)

次王者
N/A