井上定雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 定雄(いのうえ さだお、1902年1月1日 - 1985年8月23日[1])は、日本の実業家。京王帝都電鉄(現・京王電鉄)代表取締役社長(第2代)。京王プラザホテル代表取締役社長(初代)。東急車輛製造(現・総合車両製作所)取締役。

京王プラザホテル創業に纏わり“西新宿をつくった男”の異名がある。

京王電気軌道の創業者で初代社長の井上篤太郎とは、同姓であるが、血縁関係は無い。

来歴[編集]

愛媛県北宇和郡喜佐方村大雷神社の宮司の三男として生まれる。関西学院第三高等学校を経て、京都帝国大学に進み、卒業した。

その後、上京して、東京山手急行電鉄(後の帝都電鉄、現在の京王井の頭線)に入社。合併により、所属が小田急電鉄東京急行電鉄と変わり、終戦時は、東急京王支社長の職にあり、東急京王線の戦後復興に尽力する。

1946年6月1日大東急が分割解体され、東急の第2会社として京王帝都電鉄が新たに発足。井上は専務取締役に就任した。大東急の分割再編成にあたり、東急社内は再編案を巡り紛糾する。京王線は、旧・京王電気軌道の主力事業である電灯電力供給事業が強制的に国家移管され、戦前の有力子会社が東急によって売却されており、京王線の運営だけでは独立採算が危ぶまれたからである。そこで、東急専務(後、副社長、東映社長)である大川博は、旧・小田急系であった井の頭線を京王線の線区に移管して、京王線・井の頭線を運営する新会社京王帝都電鉄を発足させる再編案を纏めていた。井上は、大川案に賛同し、新会社の経営に不安を感じていた旧・帝都電鉄の従業員たちの説得に奔走して、新会社の発足を実現させた。

1957年、京王の三宮四郎社長が日映事件をきっかけに東急会長五島慶太の逆鱗に触れて更迭され、井上はその後任として社長に就任した。社長在任中、京王線新宿駅および新宿駅~初台駅間線路の地下化、京王桜ヶ丘住宅地の開発、高尾線の建設、京王百貨店京王プラザホテルの開業など、社業の発展に敏腕を振るい、現在の京王グループの基礎を築いた。

特に、京王プラザホテルの建設にあたっては、当時、事実上の親会社であった東急の社長で、京王の取締役でもあった五島昇が難色を示した。地下3階、地上47階、建築費140億円という日本最大のホテル建設構想は、ホテル経営に精通した五島からすれば、常識を超える発想であった。メインバンクからは「開業後10年間は赤字」と苦言を呈され、社外監査役も反対していた。しかし、井上は五島らを説き伏せ、1971年に開業にこぎつけたのである。なお、五島は、京王プラザホテルの取締役に就任して、井上の事業に協力した。

1969年、社長職を小林甲子郎副社長に譲って、京王プラザホテルの社長に専念した。淀橋浄水場跡地、すなわち西新宿一帯の開発は、遅々として進んでいなかったが、京王プラザホテルの開業を契機に一気に開発が進むことになった。晩年は、みずからが陣頭指揮を執って開発した京王桜ヶ丘住宅地(東京都多摩市桜ヶ丘)に住み、1985年に83歳で死去した。

なお、京王線聖蹟桜ヶ丘駅は、特急停車駅であり「京王の社長が住んでいるから特急の停車駅になった」と語られることがあるが、これは間違いで、京王が開発した桜ヶ丘住宅地の最寄駅として特急電車を停車させ、その住宅地に井上たち京王の幹部社員が移り住んだのが真実である。

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、139頁。