井上宗迪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井上 宗迪(いのうえ むねみち、1941年 - 2011年)は、日本の国際経済学者である。茨城県水戸市出身[1][2]

経歴[編集]

1965年丸紅株式会社に企業エコノミストとして入社。1970年から1972年にかけて英国ケンブリッジ大学大学院(指導教官リチャード・ストーン教授ケインズの愛弟子 ノーベル経済学受賞者)同大学応用経済研究所研究員。1979年から1981年までハーバード大学フェロー。2006年8月英国オックスフォード大学ラウンド・テーブル「21世紀の世界秩序を考える会」(通称アングロサクソン会議・参加者 全世界から34名)日本代表であった。

日・米・欧 世界経済に精通した国際エコノミストで、経済学における専門は、国際マクロ経済・外為経済。特に、ライシャワーの来日の際の通訳兼秘書、キシンジャー研究所において日本経済研究を行っていた。また、最後の相場師としてしられる是川銀蔵から“最も信頼できるエコノミスト”として評価され、その後、かれの投資顧問を務めた。

日本政府7省庁の各種委員会の助言役と、米国政府3省庁の助言役も務める。全国各地域において、経営者を対象とした経済経営塾開催等で活躍しながら、ベンチャー企業の育成に専念した。

東京工業大学立教大学早稲田大学で経済論等を担当。丸紅調査情報部課長・部長補佐、国際経済研究室長を歴任。多摩大学経営情報学部大学院教授国際医療福祉大学教授を経て2011年死去。

著書[編集]

会社衰亡の12法則 -あなたのところにこんな兆候はないか- (ごま書房 ゴマセレクト、1986年1月)

注釈[編集]

  1. ^ 今後の日・米・欧 経済のゆくえと重要時局問題の“真相””. 1略歴紹介. 2011年5月18日閲覧。
  2. ^ 医療経営管理学科 教授”. 教員紹介. 2011年5月18日閲覧。