井上二葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井上 二葉
生誕 (1930-08-30) 1930年8月30日
出身地 日本の旗 日本
ジャンル クラシック音楽
職業 井上 二葉
担当楽器 ピアノ

井上 二葉(いのうえ ふたば、1930年8月30日 - )は、シドニー生まれの日本のピアニスト

略歴[編集]

外交官井上庚二郎を父としてシドニーに生まれる。兄は生物学者井上信也。4歳のときベルリンにて遠山つやのもとでピアノを始め、その後ブダペストにて音楽教育を受けるなど、幼少期の大半をヨーロッパで過ごす。帰国後は黒澤愛子豊増昇に指導を受ける。東京音楽学校入学後は安川加壽子に師事し、本科ピアノ科卒業、同研究科修了。

1953年デビューリサイタル開催。1957年渡仏。パリにてラザール・レヴィに約1年間師事。1967年フランス青少年音楽協会と民音との交換芸術家第1号としてフランスに派遣され、地方都市23ヶ所でリサイタルを開催。その後ヴラド・ペルルミュテールに師事。この間ソロ活動のほか、ジャン・マルティノンジャン・フルネ指揮でNHK交響楽団定期公演に出演するなど、活発な演奏活動を展開。また、フルートのジャン=ピエール・ランパルの共演者としても知られる。

1974年ガブリエル・フォーレ歿後50年を記念して、日本人として初めてピアノ曲全曲連続演奏会(全4回)を開催。その成果に対し第5回福山賞を受賞。長年エリザベト音楽大学にて教育活動に携わり、現在同大学名誉教授。日本演奏連盟会員、日仏音楽家協会会員、日本フォーレ協会顧問。

レパートリー[編集]

デビュー以来、フランス近代の作品をレパートリーの中核とした活動を続けている。最近では2014年11月にガブリエル・フォーレ歿後90年を記念して独奏会を、2016年10月には声楽家古沢淑子の生誕100年を記念した演奏会を催し、健在ぶりを示している。現在まで東京に於ける自主リサイタルは36回を数え、室内楽・伴奏・講習会などもあわせ、今なお積極的な活動を続けている日本ピアノ界の重鎮である。ベーゼンドルファーを好み、可能な限りそれを使用している。

演奏スタイル[編集]

美しいタッチが特徴。アゴーギクは微量に留めてあり、清潔感が漂う。近年では指ごとの音色がややばらつく場合もあるが、若いときから培ったタッチは今もなお衰えはない。フォーレ後期作品の解釈は、本人ですら難解と語るものの、余人の追随を寄せ付けない見事な解釈を聴かせる。

現代音楽にも積極的に関わり、かつて長野県軽井沢町で開催された現代音楽祭の常連であった。昭和20年代において既に、レナード・バーンスタイン交響曲第2番「不安の時代」塚原哲夫指揮ツカハラ・シンフォニック・オーケストラ) 、バルトーク「ピアノ協奏曲第3番」(上田仁指揮東京交響楽団)を演奏している。また矢代秋雄とは幼馴染みでもあり、多くの作品を献呈されている。松平頼則の傑作「美しい日本」は、全曲が彼女の手で放送録音された。

外部リンク[編集]