井ノ上正盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

井ノ上 正盛(いのうえ まさもり、1973年5月11日 - 2003年11月29日)は、日本外交官熊本大学法学部卒業学位学士(法学)宮崎県都城市出身。

来歴・人物[編集]

小学生時代から少林寺流空手道錬心舘に親しむ。熊本大学法学部法律学科に入学し、在学中に、外務省専門職員採用試験に合格。大学卒業後、1996年に外務省へ入省し、中近東東アフリカ局中近東第一課を皮切りに在シリア大使館、在チュニジア大使館、在ヨルダン大使館兼イラク大使館員歴任後、在イラク大使館三等書記官となる。

三等書記官として赴任したイラクにおいて、2003年11月29日奥克彦参事官(殉職により大使へ特進)とともにイラク戦争後の復興支援活動などの職務を遂行のため、同大使館現地職員ジョルジース・スライマーン・ズーラの運転する車にてティクリート近郊を軽防弾車で移動していたところ、何者かの銃撃を受けて殉職(イラク日本人外交官射殺事件)。30歳没。同日付で一等書記官に2階級特進。叙・従七位旭日双光章受章。

略歴[編集]

  • 1973年5月11日 宮崎県都城市に生まれる
  • 1989年3月 都城市立妻ヶ丘中学校卒業
  • 1992年3月 宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校卒業
  • 1992年4月 熊本大学法学部入学
  • 1995年9月(在学中) 外務省専門職員採用試験合格
  • 1996年3月 熊本大学法学部法律学科卒業
  • 1996年4月 外務省入省。中近東アフリカ局中近東第一課、在シリア大使館、在チュニジア大使館等歴任。
  • 2002年4月26日 イラク入り。 在ヨルダン大使館兼任イラク大使館員
  • 2003年11月29日 イラク北部のティクリート近郊にて殉職。同日付で、従七位に叙され、旭日双光章受章。一等書記官へ2階級特進。
  • 2003年12月6日 青山葬儀所において井ノ上家・奥家・外務省合同葬がとりおこなわれ、小泉純一郎総理大臣以下、総理大臣経験者、現職大臣、また各国大使などが参列した。

同期[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 【イラク情勢】棺の上にゆかりの品 「涙が止まらない」外務省同期生ら”. asahi.com. 2014年3月26日閲覧。