五辻忠継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
五辻忠継
時代 鎌倉時代中期
生誕 不明
死没 建治3年7月20日1277年8月20日
改名 忠継→了恵(法名)
官位 従三位参議美濃権守
主君 四条天皇後嵯峨天皇後深草天皇亀山天皇後宇多天皇
氏族 花山院家庶流五辻家
父母 父:五辻雅継、母:安倍春元
兄弟 兼継忠継
卜部兼直娘、平高輔
経氏宗親宗氏忠子北畠師重室、恵一
テンプレートを表示

五辻 忠継(いつつじ ただつぐ)は、鎌倉時代中期の公卿非参議五辻雅継の二男。官位従三位参議美濃権守

経歴[編集]

以下、『公卿補任』と『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

父・雅継は非参議であったが、忠継は参議に列した。ただし在任期間は短く、参議を辞した後に従三位以上の位階に昇ることはできなかった。しかし、忠継薨去後に子孫がはからずも後醍醐天皇後伏見天皇の外戚となる。

系譜[編集]

参考文献[編集]