五老ヶ滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
五老ヶ滝
五老ケ滝 - panoramio.jpg
位置 北緯32度40分51.3秒
東経130度59分42.5秒
所在地 熊本県上益城郡山都町
落差 50m
滝幅 9m
水系 緑川水系五老ヶ滝川
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

五老ヶ滝(ごろうがたき)は、熊本県上益城郡山都町にある矢部四十八滝の一つ。古くは轟川(とどろきがわ)と呼んでいた五老ヶ滝川の水が流れ落ちる。上流150mほどに通潤橋がある。

概要[編集]

水量が豊富で、落差50mで断崖や滝壺も広く、阿蘇カルデラ起源の溶結凝灰岩を穿って流れ落ちる。矢部四十八滝中、千滝聖滝越早滝福良滝と同規模で最大級の滝である。

国の重要文化財である通潤橋とあわせ公園化されており、散策路が整備され周遊できる。 滝壺側に吊り橋が架けられ、滝壺まで降りなくても、滝の姿を見ることができるようになっている。時間帯によって、虹が出る。歩道は濡れて滑りやすい。

滝の下流にはダムが築かれ、やがて笹原川と合流する。古くはこのあたりに田吉橋という石橋があった。

駐車場近くから

関連項目[編集]

外部リンク[編集]