五老スカイタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五老ヶ岳公園展望タワー
Goro Sky tower.jpg
五老スカイタワー
情報
事業主体 舞鶴市
管理運営 NPO法人ガバナンス舞鶴(指定管理者[1]
高さ 50.5m
所在地 京都府舞鶴市上安
テンプレートを表示
五老スカイタワー遠景。隣の建物は「かんぽの宿」

五老スカイタワー(ごろうスカイタワー)は、京都府舞鶴市五老ヶ岳公園内にある展望塔。正式名称は五老ヶ岳公園展望タワー[2]

舞鶴市を東西に分ける五老岳にそびえ立つタワーからの展望は、近畿百景第1位に選ばれた舞鶴湾の美しいリアス式海岸や舞鶴市街地、国際ふ頭である舞鶴国際ふ頭が一望することができる。

沿革[編集]

  • 1995年(平成7年):舞鶴市市制50周年事業として建設された。
五老スカイタワーから舞鶴湾を望む

施設概要[編集]

  • 海抜 - 325m
  • 高さ - 50.5m(展望室28.2m)

タワー[編集]

  • 開館時間
    • 9時~21時(ただし入館は20時30分まで)
  • 入館料
    • 大人(高校生以上)…200円
    • 小人(小・中学生)…100円

京都交通が販売している、蒲鉾板で作った企画乗車券「舞鶴かまぼこ手形」を提示すると無料[3]。ただ、当品は1枚1000円で販売されており、乗車地点、目的地の数によっては通常運賃と入館料を支払う方が安いこともある。(例:西舞鶴駅前-五老ヶ岳公園口 片道大人250円)[4]

周辺[編集]

周辺は、五老ヶ岳公園として、子どもの遊具などが整備されている。また、西舞鶴地区への登山道「ロータリーの道」、中舞鶴地区への遊歩道が整備されている。また、かつては近隣に「かんぽの宿舞鶴」が存在した。

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 指定管理者制度導入施設一覧
  2. ^ 舞鶴市都市公園条例
  3. ^ http://www.kyotokotsu.jp/information/newkamaboko.html
  4. ^ http://www.kyotokotsu.jp/route/pdf/a_tariff.pdf

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度27分53.3秒 東経135度20分36.9秒 / 北緯35.464806度 東経135.343583度 / 35.464806; 135.343583