五百羅漢 (遠野市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
苔生した羅漢が刻まれた自然石
Tono 500rakan03s3872.jpg

五百羅漢(ごひゃくらかん)は岩手県遠野市にある江戸時代天明期に刻まれた石像群。

概要[編集]

遠野における天明の大飢饉による餓死者を供養するために、天明3年(1765年)に大慈寺の義山が山中の自然石に500体の羅漢像を刻んだものと伝わる。 羅漢像は立体的な彫刻ではなく、絵画のような線彫りである。

所在地[編集]

岩手県遠野市綾織町新里

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]