五百籏頭薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五百籏頭 薫(いおきべ かおる)
生誕 日本の旗 日本兵庫県
研究分野 日本政治史
研究機関 東京大学
出身校 東京大学(学士・博士)
プロジェクト:人物伝

五百籏頭 薫(いおきべ かおる、1974年 - )は、日本の男性歴史学者政治学者東京大学大学院法学政治学研究科教授[1]。専門は日本政治外交史

略歴[編集]

家族[編集]

学歴[編集]

研究歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 五百籏頭 薫『大隈重信政党政治- 複数政党制の起源 明治14年 - 大正3年』東京大学出版会、2003年4月。ISBN 978-4130362153
  • 五百籏頭 薫『条約改正史 - 法権回復への展望とナショナリズム』有斐閣、2010年12月。ISBN 978-4641173705

編著[編集]

  • 坂本一登・五百旗頭薫編『日本政治史の新地平』吉田書店、2013年1月。ISBN 978-4905497103。(「福地源一郎研究序説ーー東京日日新聞の社説より」を執筆)
  • 松田宏一郎・五百旗頭薫編『自由主義の政治家と政治思想』中央公論新社、2014年4月。ISBN 978-4120045714。(「進歩政党 統治の焦点」を執筆)
  • 宇野重規・五百旗頭薫編『ローカルからの再出発』有斐閣、2015年1月。 ISBN 978-4641149113。(「近代日本のローカルガバナンス」ほかを執筆)
  • 五百旗頭薫・小宮一夫ほか編『戦後日本の歴史認識』東京大学出版会、2017年3月。ISBN 978-4130230728。(「歴史認識の歴史へ」を執筆)

主要論文等[編集]

脚注[編集]