五百人評議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

五百人評議会(ごひゃくにんひょうぎかい、古希: ἡ βουλή οἱ πεντακόσιοι (hē boulē hoi pentakosioi))とは、古代ギリシアアテナイにおいて、クレイステネスが設けた評議会(βουλή, ブーレー, 政務審議会とも[1])のこと。10部族からくじで各50人が抽選され、計500人で構成されたため、こう呼ばれる。任期は1年で、重任が禁じられており、生涯2回しか務めることができなかった[2]

一般にブーレー: βουλή (boulē))と言った場合、最も著名なこのアテナイの五百人評議会を指すことが多いが、より広く「古代ギリシアの民主政ポリスにおいて、民会を補佐した国家機関」全般を指すこともある[2]

ブレウテリオン: βουλευτήριον (bouleutērion), ブーレウテーリオン)と呼ばれる評議場(会議場)で評議を行った。役人の監査、軍船の建造と維持などを中心に、国政全般にわたる広範な権限を有しており、また民会に提出する議案をあらかじめ準備する役目も負っていた[2]

プリュタネイス[編集]

五百人評議会の評議員を構成する各10部族は、1年を10分割した期間(35日または36日)毎に、順番に政務を執行するプリュタネイス: πρυτάνεις (prytaneis), 単数形はπρύτανις (prytanis) プリュタニス, 当番評議員, 執行委員[3], 参政官[4]とも)を担当する。

彼らは専用の会議所・役所であり、迎賓館も兼ねた国家の中心施設であるプリュタネイオン: πρυτανεῖον (prytaneion))で執務を行い、五百人評議会や民会の招集・議事・採決の世話をしたりもする[5]

脚注[編集]

  1. ^ プラトン全集1, 岩波 p.89
  2. ^ a b c ブーレーとは 日本大百科全書
  3. ^ プラトン全集1, 岩波 p.103
  4. ^ ソクラテスの弁明, 岩波 p.110
  5. ^ プラトン全集1, 岩波 p.91

参考文献[編集]