五百万石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

五百万石(ごひゃくまんごく)は、イネ品種の1つ。

新潟県で育成された品種で、1944年に「交系290号」と系統名がつけられたが、栽培は戦争一時中断となった[1]。その後新潟県の奨励品種となり品種登録され(1957年)、交配から20年近くを経て普及した[1][2]。その後は北陸を中心に普及し、2001年山田錦に抜かれるまでは、長く作付け面積1位の座を守った[3][1]


特性[編集]

千粒重25.8g[1]。早生、耐冷性、耐倒伏性といった点に弱いものの、大粒で心白発現率は高くなっている[1][2]。心白が大きいため50%以上の高精白は難しく、高級酒には不向きではあるが、麹は作りやすい[1]。酒質はきれいで端麗なものとなる[1]

交配[編集]

新200号//菊水

祖先となった品種[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 酒米ハンドブック p.33
  2. ^ a b 近代日本の酒造り p.174
  3. ^ 酒米ハンドブック p.2
  4. ^ 酒米ハンドブック p.88
  5. ^ a b c d 酒米ハンドブック p.89
  6. ^ a b 酒米ハンドブック p.91

参考文献[編集]

関連項目[編集]