鈴木良武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
五武冬史から転送)
移動先: 案内検索
鈴木良武
プロフィール
別名 五武冬史
誕生日 1942年3月31日
出身地 日本・東京都
主な作品
アニメ 『ゼロテスター』
『勇者ライディーン』
『無敵超人ザンボット3』
『戦闘メカザブングル』
『装甲騎兵ボトムズ』

鈴木 良武(すずき よしたけ、1942年3月31日 - )は、日本アニメ原作者、脚本家東京都出身。

脚本家としては主に五武 冬史(ごぶ ふゆのり)のペンネームを用いる。「一寸の虫にも五分の魂」と「闘志」の意味を込めてつけた。

経歴[編集]

1942年3月31日東京府(現東京都)で生まれる 1963年にアニメ制作会社虫プロダクションへ入社し、演出助手と制作進行を務め、その後、アルバイトで書いたタツノコプロのテレビアニメ『宇宙エース』の脚本で脚本家デビュー。虫プロダクションでは『W3』以降、演出まで務めるようになるが、脚本家を志望して虫プロを退社。虫プロ時代の先輩たち出崎統杉井ギサブロー奥田誠治吉川惣司らが設立したアートフレッシュへ。以後、フリーとなり、アニメ演出家の長浜忠夫の出会いを得た『巨人の星』など様々なアニメ作品に参加。

虫プロが倒産した後に同社スタッフを中心に1972年に設立された日本サンライズ(後のサンライズ)には設立初期から関わり、1973年の『ゼロテスター』からは原作を担当。その後もサンライズ初の巨大ロボットもの『勇者ライディーン』の原作をはじめ、長浜ロマンロボシリーズでは中心的な役割を果たし、多くのサンライズ作品の原作やシリーズ構成、脚本を手がけている。

1982年には戦闘メカ ザブングル』をノベライズする形で小説を初執筆。日本脚本家連盟を通じて、アニメの制作会社にアニメ脚本家の待遇改善を訴える行動も行なっている。

原作[編集]

脚本[編集]

※印を付記した作品はシリーズ構成も担当。

テレビ[編集]

映画[編集]

OVA[編集]

CDドラマ[編集]

カセット文庫[編集]

小説[編集]

  • 機動武闘伝Gガンダム(全3巻)(1995年 - 1997年、角川書店
  • 戦闘メカ ザブングル(全2巻)(1982年 - 1983年、朝日ソノラマ)
    2001年発売のDVD-BOX(初回生産分)に復刻版が同梱された。
  • 肖像写真 portrait(「DEAD POINT 1」〔原作:高橋良輔〕に所収、五武冬史名義)(2000年、集英社

作詞[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “どろろ”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/37.html 2016年5月6日閲覧。 
  2. ^ ジェッターマルス”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。