五橋楼周義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

五橋楼 周義(ごきょうろう ちかよし、生没年不詳)とは江戸時代末期から明治時代にかけての浮世絵師

来歴[編集]

豊原国周の門人。五橋楼、周義と号して慶応ころから明治時代に役者芝居絵などを描いている。

作品[編集]

  • 「屋形舟の芸者」 大判上下2枚継 錦絵
  • 「天覧栄之舞振」 大判3枚続 明治13年(1880年) 山村金三郎

参考文献[編集]