五條県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

五條県(ごじょうけん)は、1870年明治3年)に大和国南部・河内国南部の旧幕府領旗本領を管轄するために明治政府によって設置された

概要[編集]

1870年(明治3年)、宇智郡五條村(現五條市)に置かれていた五條代官所に五條県が設置された。その後、紀伊国内の高野山領、大和国吉野郡十津川郷を管轄した。しかし、翌年の第1次府県統合により廃止された。なお、五條県知事の四条隆平は引き続き奈良県知事を務めている。

沿革[編集]

  • 明治3年
    • 2月27日1870年3月28日) - 大和国宇智郡五條村(現在の五條市新町三丁目3-1)に置かれていた五條代官所に五條県を設置。奈良県のうち旧五條代官所の管轄区域、大和国南部の旧旗本領および河内国南部の旧幕府領・旗本領の一部を管轄。
    • 4月27日(1870年5月27日) - 堺県のうち紀伊国内の旧高野山領を管轄。
    • 5月19日(1870年6月17日) - 兵部省軍務官が管轄していた大和国吉野郡十津川郷を管轄。
  • 明治4年11月22日1872年1月2日) - 第1次府県統合により、管轄区域のうち大和国を奈良県、河内国を堺県、紀伊国を和歌山県がそれぞれ管轄。同日五條県廃止。

管轄地域[編集]

以上のほか、「旧高旧領取調帳」では大和国葛上郡のうち29村(五條代官所)、宇陀郡のうち35村(五條代官所)を五條県管轄として記載しているが、明治3年11月の「五條御支配所高附帳」(与熊文朗氏文書)や明治4年11月の「社事ニ関スル官省伺上申藩県往復ノ件 五條県」(奈良県立図書館所蔵)では五條県管轄として大和国宇智郡・吉野郡、紀伊国那珂郡・伊都郡、河内国石川郡・錦部郡の6郡を記述するのみで、大和国葛上郡・宇陀郡の記述を欠いており、大和国葛上郡・宇陀郡の五條県管轄所に関しては「旧高旧領取調帳」の誤記と考えられる[1]。なお相給が存在するため、村数の合計は一致しない。

歴代知事[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 服部敬, 「五条県の成立」, 花園大学文学部研究紀要, (32), 25-52 (2000年).

関連項目[編集]

先代:
奈良県の一部
大和国南部の旧幕府領旗本領
堺県の一部
河内国南部の旧幕府領・旗本領)
堺県の一部
紀伊国の旧高野山領)
行政区の変遷
1869年 - 1871年
次代:
奈良県(大和国)
堺県(河内国)
和歌山県(紀伊国)