五月三十五日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

五月三十五日』(ごがつさんじゅうごにち、Der 35. Mai oder Konrad reitet in die Südsee)は、エーリッヒ・ケストナーの小説。

原題は「五月三十五日、あるいはコンラットは南洋にでかけた」。転じて“何が起きてもおかしくない日”の代名詞として使用されている。「とんでもない月曜日」(ジョーン・エイキン、1924 - 2004)と同義。1932年に刊行された。

日本では『スケートをはいた馬』という訳のタイトルで出版されていたこともある。

概要[編集]

5月35日、この日は木曜日。コンラートは算数の成績が余りに良過ぎた為、“出来るヤツは想像力が欠けている”と見做す担任の指導で、他の秀才達と共に行った事もない“南洋”について作文を書かされる事になった。

毎週木曜日、共働きの両親に代わってコンラートを学校に迎えに来る事になっている薬剤師の叔父リンゲルフートは、相談を受けて「二人で先生に見事な南洋を突きつけてやろう」と提案し考え始める。

ローラースケートを履いた人間語を話す馬ネグロ・カバロに出会った二人は、一緒に南洋目指して旅に出た。途中「なまけものの国」「過去の国」「さかさの国」などの途方もない国で驚きの体験を重ねる。

単行本[編集]

その他[編集]

劇団木馬座で、ぬいぐるみ劇として上演されている。