五方色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
五方色

五方色とは、南朝梁の皇侃が『論語義疏』において、陽貨篇第十七にある「子曰。惡紫之奪朱也。」につけた注釈「五方正色。青赤白黒黄。五方閒色。綠爲青之閒。紅爲赤之閒。碧爲白之閒。紫爲黒之閒。緇爲黄之閒也。故不用紅紫。言是閒色也。」[1]にある五色をいう。

韓国においては、伝統的な韓国のカラースペクトラムであるとしており、オバンセッ又はオバンセク( Obangsaek, (Korean: 오방색) )と読む。ヨンハプレスが欧米人向けに英語で書いた記事などには、オバンセッが韓国の伝統的な色である白、黒、青、黄の組み合わせであると説明する記述がある[2][3]。韓国の伝統的な工芸品や伝統的なテキスタイルパターンでは、オバンセッは以下の五方位を象徴するという[2]

  • 青:東
  • 赤:南
  • 黄:中央
  • 白:西
  • 黒:北

また、韓国の伝統的な文化における以下の五行とも結びついているという[2][4]

  • 青:木
  • 赤:火
  • 黄:土
  • 白:金
  • 黒:水

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 《論語集解義疏》”. 2015年11月18日閲覧。
  2. ^ a b c The Five Cardinal Colors of Traditional Patterns”. AsianInfo.org. 2015年4月29日閲覧。
  3. ^ Yoo, Jee-ho (2013年5月3日). “Pyeongchang unveils emblem for 2018 Winter Olympics”. Yonghap News Agency. http://english.yonhapnews.co.kr/culturesports/2013/05/03/62/0702000000AEN20130503007400315F.HTML 2015年4月29日閲覧。 
  4. ^ 色彩で読む韓国 五方色”. 駐日韓国大使館 韓国文化院. 2015年11月19日閲覧。

関連項目[編集]