五斗長垣内遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
五斗長垣内遺跡の位置(兵庫県内)
五斗長垣内遺跡
五斗長垣内遺跡
五斗長垣内遺跡の位置

五斗長垣内遺跡(ごっさかいといせき)は、兵庫県淡路市黒谷にある弥生時代後期の国内最大規模の鉄器製造群落遺跡である。

概要[編集]

本遺跡は2001年(平成13年)に発見され、2007年(平成19年)から発掘調査が実施された。

遺跡は淡路島の西側海岸線から三キロの丘陵地にあり、東西五百メートル、南北百メートル。弥生時代後期・1世紀ごろのおよそ100年間にわたり存在したと考えられる。遺跡には竪穴式住居や鍛冶工房などが復元されている。

弥生時代後期の鉄器製造施設跡が23棟から成っており、うち12棟から鉄を加工した炉跡の遺構が確認された。遺物の鉄器は、矢尻、鉄片、切断された鉄細片など75点が出土した。また石槌や鉄床石、砥石など、鉄を加工するための石製工具も数多く出土した。1棟の中に10基の鍛冶炉がある建物も発見され、これまで発見された弥生時代の鉄器製造遺跡としては、最大規模であった。住居は少なく、鉄器製作に特化した特異な遺跡である事が分かった。

アクセス[編集]

自家用車

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度30分18.4秒 東経134度54分30.3秒