五所車菊太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

五所車菊太郎(ごしょぐるまきくたろう、1870年3月1日明治3年1月29日) - 1925年4月3日)は、宮城野部屋勝ノ浦部屋に所属した元力士。6代宮城野。元世話人。本名は佐久間菊太郎。千葉県夷隅郡江場土村(現在のいすみ市)出身。最高位は東前頭8枚目。

経歴[編集]

京都相撲に在籍経験がある。1896年1月初土俵、1906年1月十両昇進。1907年1月には高見山酉之助らとともに入幕を果たした。この時37歳。しかし、在位はわずかに4場所で、1913年5月に引退して親方業に専念(すでに二枚鑑札だった)。1916年1月には廃業し、世話人に転じた。

成績[編集]

  • 幕内4場所7勝6敗4休3分預

改名[編集]

改名:御所車→五所車[1][要ページ番号]

出典[編集]

  1. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709