五大力船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

五大力船(ごだいりきせん、ごだいりきぶね)は、江戸近辺の海運に用いられた海川両用の廻船。「五大力」の語源は、「五大力菩薩」からという説がある[注釈 1]

利用状況[編集]

おもに江戸時代から昭和初期まで使用された。旅客輸送にも用いられ、日本橋木更津間で貨客輸送を行っていた船は、「木更津船」と呼ばれる[2]

特徴[編集]

河川を航行できるように喫水が浅く、船体の幅が狭くなっている。そのため、他の廻船のように、小型船で荷役するようなことはなく、海からそのまま河口に乗入れて、市中の河岸に横付けすることができる。海ではを立てて帆走し、河川ではが使用できるよう、側に棹走りと呼ばれる台が設けられている。

  • 全長:31尺(約9m)~65尺(約20m)
  • 幅:8尺(約2.5m)~17尺(約5m)
  • 載貨重量:60石積(9トン)~500石積(75トン)[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『類聚名物考』には、重い荷物を載せることから、と記載されているが、『和漢船用集』(明和三年刊行)に五大力船の項は無い。[1]

出典[編集]

  1. ^ 石井 1995, pp. 171.
  2. ^ a b 石井 1995, pp. 168–169.

参考文献[編集]

  • 石井, 謙治『ものと人間の文化史76-2 和船II』法政大学出版局、1995年。

関連項目[編集]