五十嵐はるみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五十嵐はるみ
生誕 7月6日
出身地 日本の旗大阪府
ジャンル ジャズ
J-POP
映画音楽
職業 歌手
ラジオDJ
ナレーター
事務所 ゼロクリエイト
公式サイト 五十嵐はるみ 公式ウェブサイト

五十嵐 はるみ(いがらし はるみ)は日本ジャズ/J-POP/映画音楽歌手ラジオDJナレーター。 2000年 BMGファンハウスより「SOMETHING」でデビュー。 ジャンルやカテゴリーにとらわれないその高い音楽性で2008年の5th.アルバム「Tears」では全米デビューも果たす。 NHK「BS日本のうた」等多数のテレビ番組に出演する他、ラジオ・映画・エッセイ本の出版・ナレーションなど多方面で活躍中。 2013年6th.アルバム「五十嵐はるみベストアルバム ”J” 〜虹いろ〜」をリリース。 [1]

バイオグラフィ[編集]

大阪府出身。7月6日生まれ(蟹座)血液型はB型。サイズ:B85W58 H82 T160 スポーツ:スキー,ゴルフ 特技:料理 好きなもの:花火大会、焼酎 モットー:プレッシャーが友達

2000年 マキシシングル「ユー・メイク・ヒストリー」(BMGファンハウス)でメジャーデビュー。 竹田の子守唄をゴスペルジャズにした「ユー・メイク・ヒストリー」(「愛の貧乏脱出大作戦」(テレビ東京系)エンディングテーマ)が話題になる。 「チャイニーズスープ」が「らぶたま」(テレビ東京)のエンディングテーマに。 1stアルバム「サムシング」リリース(日米合同CD売上げランキング初登場第2位)。

2001年 音楽バラエティー番組「おとバラ」(テレビ東京系)にインタビュアーでレギュラー出演し、毎週エンディング曲を披露する。 上野ジャズイン’01、サンセット99Live佐世保などに出演。 原信夫とシャープス&フラッツ50周年記念コンサートにゲスト出演。 2001年度スイングジャーナル誌読者投票Vocal部門初登場第4位。 ジョン・ピザレリ等海外の人気アーティストが参加した2ndアルバム「ア・ソング・フォー・ユー」(N.Y.録音)をリリース。

2002年 NHK総合金曜オンステージ〜いっきにパラダイス〜」で五木ひろし、雪村いずみ、原信夫等と共演 ボクシングOPBF東洋太平洋フライ級王座決定戦で国歌斉唱。 初のラジオパーソナリティーを務めた、かつしかFM「ソーナイス」がスタートし、シンガーとしてのみならず活動の場を広げていく。

2003年 東京MXテレビの音楽情報番組「ゼベック・オンライン」で毎週火曜日の司会に抜擢される 3rdアルバム「Marbles chat」をリリース。 テレビ東京系「美の巨人たち」のエンディングテーマ「Always Shaine〜tanpopo 〜」とフジテレビ系「エンブルTV」エンデイングテーマ「てぃーんずぶるーす」の2曲は”ジャジーさ“と”ポップさ“を持ち合わせる五十嵐の魅力を際立たせた。 女子バスケットボール第5回Wリーグ開幕戦において国歌斉唱。

2004年 前年から続き東京MXテレビ音楽情報番組「ゼベック・オンライン」(火曜日担当)メイン司会。 東京MXテレビ「ロード・オブ・ザ・キング」毎週金曜日放送のメイン司会。 ウインターリゾート2004、大崎ゲートシティイベント、第5回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト等多数のイベントにゲスト出演。

2005年 3月に公開された映画「渋谷物語」では五十嵐が歌った「東京の花売り娘」が挿入歌として使用され本人も歌手役で出演。 FM大阪「五十嵐はるみのソーナイス」がスタートし現在まで続く長寿番組となっている。 ボクシングWBCミニマム級世界王座決定戦で国歌斉唱。 原信夫ジャープス&フラッツwith五十嵐はるみ公演(長野松本文化会館)。 長野養護学校でのライブが話題になりNHK長野のニュース番組に生出演。 池上本門寺、千葉Bayside Jazz、沖縄スーパーセッション等多数のイベントへにも参加。 4thアルバム「The Swing Show」発売。

2006年 アルペンスキーワールドカップ2006志賀高原アトラクションライブに出演。 苫小牧ジャズフェスティバルを皮切りに北海道4カ所ツアーを敢行した。 8月にはブルースマン達と結成したアコースティックユニット「BLUES ANGELS」のファーストアルバム「Love! Everybody」をリリースし9月に中国・九州ツアーを行う。 原信夫とシャープス&フラッツの山形でのイベントに参加 池袋メトロポリタンプラザX’mas月間ライブに出演 「シニアのためのヴォーカルレッスン」を開始する(雑誌はいから主催)

2007年 NHK-FM セッション2007〜五十嵐はるみスペシャルLIVE。 九州ドリームスFM『五十嵐はるみのソー・ナイス』スタート。 若松鉄人JAZZ11(若松市民会館)等全国4ヶ所(北九州・千葉・群馬・横浜)のジャズフェスティバルに出演。 

2008年 全米デビュー。6月、7月のマンハッタンの音楽雑誌やフリーペーパー等に着物姿で登場し、話題に… 「情報フレッシュ便 さらさらサラダ」(NHK名古屋)やセッション2008(NHK-FM)等に出演。 InterFM『五十嵐はるみ Sound Jam』スタート ホテル日航 金沢 、KKRホテル大阪、八戸グランドホテル等各地でのディナーショーが好評を博す 帝国ジャズフェスティバル(東京/大阪)や深川ジャズフェスティバル、横濱ジャズプロムナードに参加する。 5th.アルバム「Tears」をリリース

2009年 FM横浜「五十嵐はるみのMusic Road」スタート。 KKRホテル大阪「五十嵐はるみジャズディナーショー〜15000組のラブストーリー」。 OCATジャズフェスティバル’09(大阪)に出演。 池袋メトロポリタンプラザクリスマスコンサート、大崎ゲートシティのイベントに参加。 小田急新宿サザンテラス11周年記念フェア「バレンタインイブニングコンサート」。 YOKOHAMA本牧ジャズ祭、横浜ジャズプロムナード等 多数のイベントに出演する。

2010年 自伝的エッセイ本「エンジェル・ボイス〜ナルシストのススメ〜」を出版(無双社)。 メジャーデビュー10周年を迎え、六本木STB139スイートベイジル、大阪フラミンゴ・ジ・アルーシャで記念ライブを行う。 横濱ジャズプロムナードに参加。 ラドンナ原宿にて五十嵐はるみプロデュースライブ「ラドンナ倶楽部」をスタート。 マキシシングル「10th Anniversary〜愛する人へ〜」(Blues Angels)をリリース。 J-POPマキシシングル「tanpopo」リリース。

2011年 NHK「BS日本のうた」(和光市民文化センター公開収録/釧路市民会館公開収録)や「さらさらサラダ」(NHK名古屋)に出演。 TVK「ハマランチョ」に出演。 BSジャパン開局10周年記念番組「美女JAZZ」に出演。 TVK「ビューティースタジアム」のMCを担当。 横濱ジャズプロムナード、大阪太閤園サマージャズフェスティバル等多数のイベントに参加。 相模大野もんじぇ祭りに「BLUES ANGELS」で出演。

2012年 スカパー!ch777カジノバラエティ番組 『カジノ萬遊記 』のナビゲーター・セクシーキャットハル役の声を担当。 BS12twellv「展示会へ行こう!」のナレーションを担当。 BS特番「美女JAZZ」から生まれた女性だけのスーパーユニット「THE JAZZ LADY」に参加し10月にアルバムをリリース。 「若松鉄人JAZZ」、横濱ジャズプロムナードに参加。 NHK「BS日本のうた」に出演(三原市芸術文化センター公開収録/広島文化学園HBGホール公開収録)。

2013年 BS12 twellvにて特番 「THE JAZZ LADY」を放送THE JAZZ LADYで六本木STB139/名古屋ブルーノート/ビルボード大阪と東名阪ツアーを敢行し、札幌シティジャズにも参加と精力的に活動。 NHK「BS日本のうた」に出演(上越文化会館公開収録)。 マキシシングル「慶州旅情」、そして初のベストアルバム「”J”虹いろ」リリース。 オリジナル曲「凛と」がドラマ「明日のマドレーヌ」(テレビ東京系)のテーマ曲に。 新曲2曲を含む全5曲が有名カラオケ店にて配信中。 すまいるエフエム「五十嵐はるみのヤンキーミュージック」スタート[2]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

No. タイトル 発売日 収録曲 備考
01 SOMETHING 2000年7月 1.縁は異なもの
2.今夜教えて
3.SummerTime
4.スイングしなけりゃ意味がない
5.ラヴィング・ユー
6.ザ・ギフト
7.マイ・ファニー・ヴァレンタイン
8.ストレイテン・アップ・アンド・フライ・ライト
9.雨に濡れても
10.チャイニーズ・スープ
11.サムシング
12.ユー・メイク・ヒストリー
日本民謡「竹田の子守唄」をゴスペルJazzに、
ユーミン「チャイニーズ・スープ」はデキシーランドJazzに。

日本の名曲から世界のスタンダードナンバーを
多彩に操る鮮烈なメジャーデビューアルバム。
No. タイトル 発売日 収録曲 備考
02 A Song For You 2001年11月 1.ソー・ナイス
2.グッディ・グッディ
3.コーリング・ユー
4.ロング・バージョン
5.アルフィー
6.ア・ソング・フォー・ユー
7.黄昏のビギン
8.メイキング・ウーピー
9.ハニー・パイ
10.恋におちて
11.ムーンダンス
12.アズ・タイム・ゴーズ・バイ
13.ドリーム・ア・リトル・ドリーム・オブ・ミー
N・Yでの録音。人気アーティスト、ジョン・ピザレリ(G&Vo)や、ハリー・アレン(Sax)との共演作。
日本の名曲「黄昏のビギン」(ちあきなおみ)や「ロング・バージョン」(稲垣潤一)を織りまぜて、
アコースティックなN・Y Jazzに…。
No. タイトル 発売日 収録曲 備考
03 Marbles Chat 2003年5月 1.Deeper than deep
2.Summertime
3.てぃーんず ぶるーす
4.The Look Of Love
5.月に抱かれて眠りましょ
6.Sweet Soft’n Lazy
7.Beautiful day
8.蘇州夜曲
9.靴音
10.Just Another Way
11.Tell Me A Bedtime Story
12.Always Shine〜tanpopo〜
今作は、日本語のオリジナル曲に初挑戦。br/>ジャンルの枠を飛び越えたダンサブルでファンキーなNewボーグJazz。
アコースティックなN・Y Jazzに…。
No. タイトル 発売日 収録曲 備考
04 The Swing Show 2005年2月 1.イン・ザ・ムード
2.月光価千金
3.私の青空
4.バルコニーで抱きしめて
5.琥珀の涙
6.東京の花売り娘
7.ダイナ
8.シング・シング・シング
9.ダニー・ボーイ
10.センチメンタル・ジャーニー
11.Boogie Boogie (Halle’s Boogie)
12.ロンリー・ナイト
ビッグバンドサウンドで、古き良き時代のドリームJazzの楽しさや、ロマンをフィーチャー。
更に映画「渋谷物語」(東映配給)の劇中で歌った挿入歌「東京の花売り娘」も収録されている。

古き良き時代のドリームジャズの楽しさとロマンを
平成の今、愛らしく美事に甦らせた歌姫出現 ( 原 信夫
No. タイトル 発売日 収録曲 備考
05 Tears 2008年5月 1.フラジャイル
2.グレイテスト・ラブ・オブ・オール
3.シスコ・キッド
4.デスペラード
5.スムース・オペレーター
6.ウーマン
7.ドント・アスク・ミー・ホワイ
8.テイク・ア・バウ
9.スリップ・スライディン・アウェイ
10.ニューヨーク・シティ・セレナーデ
11.マイ・ラヴ
12.千の風になって
ちょっとツっぱって生意気だったあの頃…。
嬉しい時、悲しい時、音楽と共に流した涙。
「Tears ティアーズ」あなたの心のコレクションの1枚に…。

はるみさんの上等なカクテルの様な歌!
美味しくて、つい飲みすぎます。
レシピは、想い出と涙です・・・。 乾杯 (小堺一機
No. タイトル 発売日 収録曲 備考
06 THE JAZZ LADY 2012年10月10日 1.The Gift (Recado Bossa Nova)
2.Fever
3.Black Orpheus
4.Don’t Get Around Much Anymore
5.Misty
6.Fly Me To The Moon
7.Tennessee Waltz
 ~You’d Be So Nice To Come Home To
8.Green Sleeves
9.Over The Rainbow
10.ニLadies In Jazz
BS特番「美女JAZZ」から生まれた女性だけのスーパーユニット。
「元気を出したいとき」「リラックスしたい時」、
その時の気分に合わせて曲を選び、しなやかにジャズを楽しむ女性たちが増えています。
こうした「女子ジャズ」ブームのなかで、
いま人気の女性ジャズアーティストを一同に集めた素敵なユニットが生まれました。
その名も「The Jazz Lady」。
ピアノ、ベース、ドラム、サックス、ヴァイオリン、そしてボーカル。
才能豊かな女性アーティスト6人が美しいジャズを奏でます。
No. タイトル 発売日 収録曲 備考
07 ベストアルバム”J”虹いろ 2013年5月 1.ジャズシンガー (新曲)
2.木蘭の涙
3.慶州旅情 (新曲)
4.Always shine
 〜tanpopo〜
5.バルコニーで抱きしめて
6.凛と (新曲)
7.琥珀の涙
8.桜色
9.Skindo-le-le
 〜歌おう愛の未来へ〜
10.蘇州夜曲
11.Lonely Night
12.てぃーんずぶるーす
13.月のあかり(ボーナストラック/新録音)
2013年待望の新曲はJ-POP/J-JAZZTとは一線を画した、
大人のための新しい日本の歌謡曲。

ジャズ歌手という枠を越えて、とても魅力的な人だ。
ちょっとコケティッシュで、かわいくて。(湯川れい子


シングル[編集]

No. タイトル 発売日 収録曲 備考
01 Love! Everybody 2006年8月 1.C'mon Boyz
2.Skindo-Le-Le
 〜歌おう愛の未来へ〜
3.Moonlight Blues
ブルース・ポップス・ジャズとジャンルの枠を越えて
“大人が楽しめる音楽”をお届けするアコースティックユニット
「ブルースエンジェルス」
No. タイトル 発売日 収録曲 備考
02 10th Anniversary
〜愛する人へ〜
2010年5月 1.木蘭の涙
2.Lonely Night
3.木蘭の涙 カラオケ
4.Lonely Night カラオケ
ブルース・ポップス・ジャズとジャンルの枠を越えて
“大人が楽しめる音楽”をお届けするアコースティックユニット
「ブルースエンジェルス」
No. タイトル 発売日 収録曲 備考
03 Always Shine
〜tanpopo〜
2010年11月 1.Always Shine
 〜tanpopo〜
2.桜色
3.Skindo-Le-Le-
 〜歌おう愛の未来へ〜
No. タイトル 発売日 収録曲 備考
04 慶州旅情 2013年4月 1.慶州旅情
2.ジャズシンガー
3.凛と

[3]

メディア[編集]

テレビ番組[編集]

ほか多数出演。

ラジオ番組[編集]

ほか多数出演。

新聞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 五十嵐はるみ Web Site」Biography | 五十嵐はるみ Web Site 2013年7月28日
  2. ^ 五十嵐はるみ Web Site」Biography | 五十嵐はるみ Web Site 2013年7月28日
  3. ^ 五十嵐はるみ Web Site」discography | 五十嵐はるみ Web Site 2013年7月28日

外部リンク[編集]