五十公野御茶屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五十公野御茶屋
Ijimino Ochaya Garden, Shibata, Niigata, April 2021.jpg
五十公野御茶屋(2021年4月)
所在地
日本
新潟県新発田市五十公野4926
駐車場 20台[1]
テンプレートを表示

五十公野御茶屋(いじみのおちゃや)は新発田藩藩主溝口家の別邸、茶寮として使われた庭園

新潟県指定有形文化財および国の名勝[2]である。

また奉先堂公園(ほうせんどうこうえん)の名称で日本の歴史公園100選に指定されている。

歴史[編集]

新発田藩三代目藩主溝口宣直の時、初代藩主溝口秀勝が入封の際新発田城の完成まで仮の居所にしていた跡地に別邸を建設。明暦元年(1655年)四代目溝口重雄の時に幕府の庭方懸宗知を招いて庭園が造営され別邸を茶寮とした。

藩は会津街道を経由しての参勤交代の際、新発田城内から五十公野まで盛装をして行列し、この御茶屋にて旅装に着替えた。また藩主は家臣たちにも使用の許しを与え、家臣たちも茶会を催した。

現在の建物は、文化11年(1814年)に建てられたものである。平成11年(1999年)に復元修理された。

詳細[編集]

  • 入場料  無料[1]
  • 開園時間 9:00 - 16:30[1]
  • 休館日  月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日が休み)、12月~3月[1]

交通[編集]

2021年4月現在の情報を掲載する。

周辺[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 施設案内:五十公野御茶屋”. 新発田市. 2021年4月25日閲覧。
  2. ^ 旧新発田藩下屋敷(清水谷御殿)庭園および五十公野御茶屋庭園 - 文化遺産オンライン文化庁
  3. ^ 新発田エリア”. 新潟交通観光バス. 2021年4月25日閲覧。

関連項目[編集]

  • 清水園 - ともに国の名勝に指定されている。

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度55分50.0秒 東経139度21分6.0秒 / 北緯37.930556度 東経139.351667度 / 37.930556; 139.351667