五剣山 (高松市の山)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五剣山
ɡokenzan0ø.JPG
屋島から望む五剣山
標高 375 m
所在地 日本の旗 日本 香川県高松市
位置 北緯34度21分39.5秒 東経134度8分29.2秒 / 北緯34.360972度 東経134.141444度 / 34.360972; 134.141444座標: 北緯34度21分39.5秒 東経134度8分29.2秒 / 北緯34.360972度 東経134.141444度 / 34.360972; 134.141444
山系 讃岐山地とその周辺
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

五剣山(ごけんざん)は香川県高松市に存在する山。

概要[編集]

一つの峰を剣と呼んで、西から一ノ剣、二ノ剣、三ノ剣、四ノ剣、五ノ剣と山上に5つの大きなが存在するためこの名前がついた。[1]また、地元では八栗山(やくりさん)とも呼ばれる。五の剣は1707年宝永4年)の宝永地震で割れている[2]

これらの剣の山頂にはいくつもの祠が点在し、四ノ剣の中腹には岩窟があり修行場となってる。 かつてはこれらの剣へ登れたが現在は岩が風化し脆く危険なため、南側中腹にある八栗寺本堂の左から石段で上がったところにある中将坊大権現堂からさらに上へは入山禁止とされている。そのため標高375mの最高点は四ノ剣であるが、366mの山頂表示がニノ剣にあり、四等三角点のある366.09m地点は一ノ剣の西端に位置している。また、八栗寺の多宝塔の右側にも登山口があったが入山禁止の立札がある。また、山中にある「岩越の大日」は空海が彫ったとされる約3mの摩崖仏で上部の黒い層と下部の砂の層の間の真っ白い層に彫られている。

八栗寺は、四国八十八箇所の第八十五番札所で、山号が五剣山である[3]。 また山麓では日本三大花崗岩として有名な庵治石が採石され、墓石などの高級石材として加工されている。

ギャラリー[編集]

アクセス[編集]

  • 自家用車
    • 国道11号線から香川県道145号八栗原線(八栗新道)約3kmで八栗寺本坊近くへ。


その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 五来重・著「四国遍路の寺(上)」平成8年2月29日発行の270ページ
  2. ^ 1707年宝永地震による讃岐五剣山の岩盤崩壊 (PDF) - 香川大学、2002年5月28日。
  3. ^ 四国第八十五番霊場 五剣山 八栗寺

外部リンク[編集]