五停心観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

五停心観(ごじょうしんかん)とは、大乗仏教中国仏教圏における、止行に向けて心を落ち着ける、5種の導入的な瞑想方法を総称した言葉。上座部仏教における四十業処に相当する。

内容[編集]

以下の5つ。各自の性格に合った方法を選択する。

脚注[編集]

  1. ^ ここでいう界は四界、すなわち四大元素の地・水・火・風のこと。