二階町 (姫路市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
二階町商店街
西二階町商店街

二階町(にかいまち)は、兵庫県姫路市の地名。または同町内にある商店街。全域が住居表示未実施地区である。

概要[編集]

「二階町商店街」は、大手前通りから東に伸びるアーケード街路。東部を「東二階町」とも呼ぶ。また大手前通り以西に「西二階町商店街」が続く。大手前通りが無かった頃、その付近は中二階町と呼ばれていたが、現在はみゆき通り商店街から西の僅かな部分に残すのみとなっている。町名としては、古二階町、二階町、西二階町に当たる。

歴史と現状[編集]

  • 山陽道西国街道)の宿場で、本陣があった。姫路が城下町であったことから、宿・商家などは平屋しか許可されていなかった。しかし二階町は、播磨国総社長壁神社を繋ぐ参道として発展し、当時としては例外的に二階建てが許可された。このことが町名の由来であると言われている。
  • 戦前には、当時の交通軸であったみゆき通りよりも賑わい、播磨地方きっての商業地であった。戦後は、大手前通りの本格整備に伴い商業軸へと移行したみゆき通りと共に高級商店街として栄えたものの、最近になって加速した姫路駅周辺への商業施設集中、更には商業施設の郊外分散もあいまって、姫路駅から離れた二階町は冷え込みが厳しくなっている。
  • 以前はみゆき通りとの交点に丸善姫路店やダイエー姫路店があったが、撤退してしまった。東二階町には1897年(明治30年)創業の家具店「インテルナきたむら」があり、西二階町にはこれも更に老舗の「うす源」などがあったが、両社共倒産した。西二階町には、姫路を代表する和菓子「玉椿」を製造販売する伊勢屋本店がある。
  • 箪笥は姫路の地場産業の一つで、少し前までは二階町近辺にも多くの家具店が軒を連ねていた。現在も数は減ったものの、1784年天明4年)創業の「板文」などの老舗が健在である。
  • 2007年から商店街の路上に畳を敷いて飲食ができる「畳座」が催されている[1]

沿道[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 姫路・西二階町商店街で交流イベント「畳座」-駅前アーケード完成記念で

関連項目[編集]

外部リンク[編集]