二階ぞめき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二階ぞめき(にかいぞめき)は、古典落語の演目の一つ。原話は、滝亭鯉丈延享4年(1747年)に出版された笑話本「軽口花咲顔」の一遍である「二階の遊興」。

あらすじ[編集]

とあるお店の若旦那は吉原通いが大好きで、毎晩遊びに行っているため生真面目な親父はカンカン。

とうとう勘当するなどと大騒ぎになり、困った番頭は若旦那に意見をしに行った。

若旦那の返事は、「あくまでも吉原遊郭の雰囲気そのもの。吉原がこっちに来れば遊びに行かない」と言うとんでもない物。

唖然となった番頭だが、「この要求を呑めば二度と夜遊びはしない」と聞き、これもお店のためだと二階を吉原そっくりに改造して《ひやかし》ができるようにした。

腕のいい棟梁にわざわざ吉原の研究をさせ、作り上げた『ミニ吉原』は本物そっくり。

大喜びした若旦那は二階に上がっていくが誰もいない。

考えた若旦那は一人芝居をし始める。

張り見世の女郎に声をかけられ、登楼を断ろうとするとそこに花魁が登場。

そのまま花魁と口論になり、慌てて止めに入った他のお客とくんずほぐれつの大ゲンカ…という場面を一人三役で大熱演。

「吉原(なか)で殺されるなら本望だ! この野郎、さあ殺せ!!」

あんまり二階が騒がしいので、変に思った親父が丁稚に様子を見に行かせる。

二階に上がってみると、灯りが煌々とついてとても部屋の中とは思えない。頬っかぶりをした奴がいるので、泥棒かと思ってよく見るとこれがなんと若だんな。

「ねえ、若だんな」

「何をしやがる。後ろから小突きやがって…。なんだ、丁稚か。悪いところで会ったな。おれに会ったことは、家に帰っても内緒にしろよ」

概要[編集]

原話は「二階の障子に「万屋」「吉文字屋」と書いた茶屋の暖簾に似たものをつるし、遊びの追憶にふける」というつつましい物。

出典・参考[編集]

関連項目[編集]