二郭一荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二郭一荘(にかくいっそう、中国語: 二郭一莊)とは、日本プロ野球で活躍した郭源治郭泰源荘勝雄の3人の台湾出身投手を指す総称として、1980年代後半に用いられたことばである。中華職業棒球大聯盟の成立する以前から日本球界で成功を収め、日本における台湾人プロ野球選手のパイオニアとなり、台湾では国民的英雄と並び称された[1]。郭源治と荘勝雄は日本に帰化した[1][2]。1988年に呂明賜が一時的に活躍すると、二郭一荘呂という言い方もあらわれた。

郭源治 
中日ドラゴンズに所属。先発と抑えを往来しつつ、日本球界では史上5人目となる100勝100セーブを記録した。2013年-2014年に中華職業棒球大聯盟の首席顧問を務めた[1][3]
郭泰源 
西武ライオンズに所属。最速158km/hの快速球で「オリエンタル・エクスプレス」の異名を取った。通算117勝は外国人枠が確立されて以降の外国人選手として最多である。後に野球台湾代表監督も務める。現在統一セブンイレブン・ライオンズ一軍監督。
荘勝雄 
ロッテオリオンズに所属。先発にリリーフに、1980年代後半のロッテの主力投手として活躍。引退後も日本に残り、千葉ロッテマリーンズでコーチを10年以上にわたって務めた[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]