二荒山瀧右エ門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二荒山 瀧右エ門(ふたらさん たきえもん、 )は、江戸時代大相撲の第68代大関下野国(栃木県)出身。

天明3年(1783年)冬場所の1場所だけ東大関を務めた。実際に取組には入らず、土俵入りで大きな体を客に見せるだけの看板大関であった。

主な成績[編集]

  • 通算成績:0勝0敗10休

関連項目[編集]