二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい
ジャンル ラブコメディ
小説
著者 冬樹忍
イラスト 作々
出版社 ホビージャパン
レーベル HJ文庫
発売日 2011年12月1日
巻数 全1巻
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル

二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい』(にじげんのとりでをまもるにはふほんいながらかのじょがひつようらしい)は著者・冬樹忍、イラスト・作々ライトノベルHJ文庫より発売されている。

ストーリー[編集]

彼女いない歴=年齢の主人公がいままで作らなかった彼女を持とうとする話。というのも、両親からの命令で1週間以内に恋人を作らなければ現在の二次元を堪能している一人暮らし生活を取り上げられてしまうからだ。両親からの伝言を伝えに来た4年ぶりの再会となる幼馴染や周囲の女の子の助けを借りて戸惑いつつも自分の彼女を持とうとするが辛い現実からつい逃げてしまう。 はたして神代利樹は彼女を作り二次元の砦は守れるのか?

登場人物[編集]

神代 利樹
主人公。「1週間以内に恋人を作れ。出来なきゃ帰ってこい」という両親の言葉に四苦八苦するはめになった。
一志 珠美
久々の再会が彼女づくりの手伝いだった幼馴染。主人公を彼女作りのために改善しようする。
四季 花凛
クラスメイトの三つ編み少女。実は、小説家デビューしている。
十条 麻里
学園の一族の娘。生徒会長。隠れおたく。

既刊[編集]

  • 二次元の砦を守るには不本意ながら彼女が必要らしい 2011年12月1日 ISBN 978-4-7986-0311-7

外部リンク[編集]