二村雄次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二村 雄次(にむら ゆうじ、1943年6月13日 - )は、日本の医師外科医、医学博士、名古屋大学名誉教授。愛知県がんセンター総長。元日本外科学会会長。

専門は、肝胆膵疾患の外科治療。特に肝門部胆管癌を中心とする胆道癌外科治療に関しては、難度の高い症例への対応、手術数、治療成績ともに世界有数の実績であり、高い評価を受けている。また、柔道家としても有名で、名大柔道部長兼師範も務め、元柔道全日本マスターズ無差別級チャンピオン。

経歴[編集]

  • 1962年 愛知県立旭丘高等学校卒業
  • 1969年 名古屋大学医学部卒業
  • 1969年 名古屋大学医学部附属病院分院にて卒後研修
  • 1970年 安城市八千代病院 外科 医員
  • 1973年 癌研究会附属病院 外科 研修医
  • 1974年 名古屋大学医学部附属病院 第一外科 医員
  • 1978年 名古屋刑務所医務部 法務技官
  • 1979年 名古屋大学医学部 第一外科 助手
  • 1980年 名古屋大学医学部 第一外科 講師
  • 1985年 名古屋大学医学部 第一外科 助教授
  • 1987年 米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校文部省在外研究員
  • 1991年 名古屋大学医学部 第一外科 教授
  • 2000年 名古屋大学医学部附属病院 副病院長
  • 2000年 名古屋大学医学部附属病院 病院長
  • 2002年 名古屋大学大学院医学系研究科 器官調節外科 (現腫瘍外科学:2006年改称)教授
  • 2007年 愛知県がんセンター総長

受賞歴[編集]

主な公職等[編集]

  • 日本外科学会 会長・理事
  • 日本癌治療学会 評議員
  • 日本胆道学会 理事長
  • 日本膵臓学会 評議員
  • 日本肝胆膵外科学会 理事
  • 日本腹部救急医学会 評議員
  • 日本消化器外科学会 評議員
  • 日本脈管学会 評議員
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本外科系連合学会 評議員
  • 日本消化器病学会 財団評議員
  • 日本静脈学会 評議員
  • 名古屋大学経営協議会 学外委員
  • 全日本柔道連盟 医科学委員会副委員長

著書(共著、訳書含む)[編集]

  • 1996 肝臓の外科解剖 (訳書)
  • 2002 消化器病セミナー〈87〉胆道疾患の診断と治療―新しい工夫 (
  • 2002 胆道外科の要点と盲点 (Knack & Pitfalls)
  • 2005 胆道外科―Standard & advanced techniques
  • 2009 胆道外科の要点と盲点 (Knack & Pitfalls)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中日文化賞:第51回-第60回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月19日閲覧。

外部リンク[編集]