二村英仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
二村 英仁
E. Nimura.jpg
基本情報
生誕 (1970-08-24) 1970年8月24日
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 東京芸術大学
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

二村 英仁(にむらえいじん、1970年8月24日 - )は日本のヴァイオリニスト。日本人初のユネスコ平和芸術家

略歴[編集]

1970年、東京生まれ。4歳よりヴァイオリンを始める。アイザック・スターンの勧めにより9歳から16歳まで毎夏渡米し、ジュリアード音楽院ドロシー・ディレイに個人教授を受けた。

11歳の時に指揮者ユージン・オーマンディに激賞され将来を嘱望される。東京芸術大学附属高校を経て同大学卒業。

1996年より主に海外において演奏活動を開始し、欧州の重要なホールにて成功をおさめてきた。これまでに国内主要オーケストラをはじめ、海外オーケストラとの数多くのコンチェルト共演を重ね、華々しいキャリアを築いている一方で、ユネスコ平和芸術家として音楽を通じての社会貢献活動に積極的に取り組んでいる。

受賞歴[編集]

社会活動[編集]

チャリティ・コンサートへの参加も積極的に行い、紛争後のボスニア・ヘルツェゴビナ国内にある職業復帰訓練所への義手義足の多数寄付、病院再建支援など多くの社会活動が認められ、1998年UNESCO(国連教育科学文化機関)より日本人として初のユネスコ平和芸術家に任命された。その後もサラエボコソボパレスチナ等で演奏。

2011年以降は「東日本大震災子ども支援募金」や「熊本震災被災地支援」協力のため、全国各地を積極的に演奏して廻っている。その他インドネシアネパールイタリアなど世界各地の地震被災者への支援も継続して行なっている。

2015年UNESCO創設70周年にあたり、パリ本部より日本での周年事業開催の依頼を受け、同年9月UNESCO本部及び関係各省の協力のもと長崎・浦上天主堂において平和祈念コンサートを開催。また同年10月パリ・UNESCO本部にて、世界195ヶ国の政府よりユースが派遣されるUNESCO Youth Forumにおいてコンサート“Nimura Project”を開催。

使用楽器[編集]

1707年製 ストラディヴァリウス “ステラ(Stella)” 自己所有。併せてRuggeriを使用。

ディスコグラフィー[編集]

  • 音楽にできること
  • 時空をこえて
  • スカーレット・メロディ~緋色の旋律
  • ちょっとセレブにクラシック ~映画を彩るオーケストラの名曲~

メディア関連[編集]

  • 音楽にできること〜ヴァイオリニスト二村英仁〜(NHK総合・BS)
  • NHKドラマシリーズ「夢みる葡萄」のメインテーマやエンディングテーマなどの演奏。
  • 封印された旋律〜ガス室に消えた音楽家たち〜(ハイビジョン国際映画祭入賞作品)
  • CM KDD「プロジェクト001 プラハ編」

脚注[編集]