二十世紀が丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 関東地方 > 千葉県 > 松戸市 > 二十世紀が丘

二十世紀が丘(にじっせいきがおか、にじゅっせいきがおか)は千葉県松戸市にある地名である。「二十世紀が丘」を冠称する美野里町丸山町萩町梨元町中松町戸山町柿の木町の7町がある。正しい読みは「にじっせいきがおか」であり、『角川日本地名大辞典』なども「にじっせいきがおか」を見出し語としている。

概要[編集]

松戸市南西部に位置し、1970年代ベッドタウンとして造成が行われた。1991年北総線開通以降は、都心方面へのアクセスが向上したこともあり、さらに開発に弾みがついた。

「二十世紀が丘」を冠称する7町は1981年(昭和56年)の町名地番整理により成立したもので、それ以前は大字松戸及び大橋の各一部であった。

なお、南部に位置する北国分駅周辺(市川市堀之内)の一部も含めて「二十世紀が丘」と呼ぶこともある(すばる書店・ゴールウェイなど、一部店舗は市川市内にありながら二十世紀が丘店と名乗っている)。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、二十世紀が丘丸山町24番の地点で13万7000円/m2となっている。[1]

地名の由来[編集]

1888年に当地で松戸覚之助が発見した「二十世紀梨」に由来する。また、地区全体が下総台地上の小高い丘に位置するため「丘」を付している。

地域の公共施設[編集]

教育施設[編集]

緑地・公園[編集]

  • 二十世紀公園(二十世紀梨発祥の地・原樹碑、松戸市指定文化財)

その他[編集]

  • 松戸二十世紀ケ丘郵便局
  • 二十世紀ヶ丘市民センター
  • 二十世紀が丘消防署
  • JRアパート

道路[編集]

周辺[編集]


国分川分水路トンネル水没事故[編集]

1991年9月19日、台風18号の影響でとちのき通り下に建設中であった国分川分水路に水が流れ込み、トンネル内にいた作業員7名が亡くなる事故が発生した[2]。当時、工事事務所および作業所は梨元町(大橋小学校裏側)にあり、周辺には連日大勢のマスコミ関係者が駆けつけ報道にあたった。これに連動し翌日には萩町のとちのき通りが一部陥没し、住民が避難する事態となった。

交通機関[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]