二五進法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

二五進法(にごしんほう、米:Bi-quinary coded decimal)は、2と5を(てい)とし、底およびそのを基準にして十進数一桁を表す方法である。

コンピュータにおける二五進法[編集]

初期のコンピュータにおいて、二進数で十進数を表現する方法のひとつとして使われた。基本となる考え方としてはそろばんと同じである。0から4は通常の二進数とまったく同じようにして表現するが、5から9までは5と0から4までの足し算で表す。

例として最上位ビットを5、そして最下位ビットに向って4、2、1という重みを与えた4ビットで0から9までのビット列を、二進数と比較しながら示す。なお、二五進法では分かりやすくなるように最上位ビットと下3ビットとの間にスペースを設けた。

十進数 二五進法 二進数
0 0 000 0000
1 0 001 0001
2 0 010 0010
3 0 011 0011
4 0 100 0100
5 1 000 0101
6 1 001 0110
7 1 010 0111
8 1 011 1000
9 1 100 1001

十進数で2桁以上の数を表すには、BCDと同じように十進数の各桁に対応させる。十進数の 135 は 0001 0011 1000 で、十六進数で表すと 134 となる。実際には1桁を表すビット数も各ビットの意味も、コンピュータによって異なっていたようである。

その他[編集]

アバカス、特に日本の近代以降の四つ珠のそろばんは一種の二五進法である。日本最初の、また独自に開発された手回し式計算機である矢頭良一自働算盤の入力方式も、二五進法方式(そろばんを参考にしたものと思われる)であった(内部の計算方式は十進)[1]

[編集]

  1. ^ 矢頭良一の機械式卓上計算機「自働算盤」に関する調査報告(PDF)