事業用コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

事業用コンテナ(じぎょうようコンテナ)とは、貨物の積み込みや輸送に用いずに業務用に特殊化したコンテナである。

種類[編集]

  • 車掌室コンテナ
    • S90形など。車掌室をコンテナ化したもので、S90形は試作型のため製造数は1個だったが結局、実用化される事はなかった。
  • 電源コンテナ
  • 新型機関車性能測定用コンテナ
    • Z形・ZX45A形など。名前が示すように、新型の機関車が牽引するコンテナ車に積載され、機関車の性能を計測するために用いられる。Z形は1個、ZX45A形は2個製造された。現在はZ形に代わってZX45A形が用いられている。
  • バラストコンテナ
  • フォーク練習用コンテナ
  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)エスカレータ輸送用コンテナ
    • M20A形。S90形同様、試作型の1個が製造された。JR東日本の旅客駅に設置するエスカレータを輸送するためのコンテナだが、増備のコンテナがあり、こちらはUM20A形と呼ばれている。M20A形は構造上、トップリフターが使用できず、またUM20A形は2個製造され、コキ50000形への積載が禁止されている。

参考文献[編集]

高橋政士・吉岡心平 「国鉄・JRコンテナオールカタログ」『季刊ジェイ・トレイン』 Vol.31 2008年10月1日発行