出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(こと)は、言(こと)と同語源の[1]象形文字で[2]、事(じ)とも読む[3]。「への祈り言葉を書きつけ、などに結びつけたにした」にかたどる。「祭事にたずさわるのさま」から仕事・仕えるの意味を表す[2]

概要[編集]

以下は新漢語林(2008年)から引用した字義。

  1. こと。ものごと。ことがら。しごと、つとめ。できごと。まつりごと
  2. こととする(こととす)。専念する。努め行う。
  3. つかえる(つかふ)。
  4. 用いる。使う。使役する。
  5. とどまる。

大辞泉では主に二つの用法がある。

  1. 抽象的なもの(思考意識の対象や、現象行為性質など)。
  2. 形式名詞(他の語句が表す行為や事態の体言化)。

仏教[編集]

事(じ)はに対する言葉。

は個別的具体的な事象・現象を意味し、は普遍的な絶待・平等の真理・理法を指す。このような概念はインド仏教では顕著ではなく、また漢訳仏典にも現れない中国仏教に独特のものである。
ことに華厳では、は融通無碍の関係にあると説き、四法界三重観門などの教理を作り上げて、普遍的なと個別的具体的なとか一体にして不可分であることを強調した。

  • 密教では、を摂持の義と解して、一切の事相がおのおのその体を摂持するから、これをとして、理の体を地水火風空識の六大とする。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル大辞泉-こと【事】
  2. ^ a b 『新漢語林』、大修館書店、2008年。
  3. ^ デジタル大辞泉-じ【事】