亀田隆之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

亀田 隆之(かめだ たかし、1929年 - 2000年4月13日)は、日本歴史学者関西学院大学名誉教授。日本古代史専攻。

来歴[編集]

栃木県生まれ。1952年東京大学文学部国史学科卒業。75年「日本古代用水史の研究」で東大文学博士。関西学院大学文学部助教授、教授、97年定年退任、名誉教授、関西福祉科学大学教授。

著書[編集]

  • 壬申の乱』至文堂 1961 日本歴史新書 
  • 坂上田村麻呂 日本の武将』人物往来社 1967
  • 『日本古代用水史の研究』吉川弘文館 1973 日本史学研究叢書
  • 『日本古代制度史論』吉川弘文館 1980
  • 『皇位継承の古代史』吉川弘文館 1996
  • 『日本古代治水史の研究』吉川弘文館 2000 日本史学研究叢書
  • 『奈良時代の政治と制度』吉川弘文館 2001 

共編著[編集]

記念論集[編集]

  • 『律令制社会の成立と展開』亀田隆之先生還暦記念会編 吉川弘文館 1989

参考[編集]