亀海喜寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
亀海 喜寛
基本情報
本名 亀海 喜寛
通称 MAESTRITO
階級 スーパーウェルター級
身長 175cm
リーチ 180cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1982-11-12) 1982年11月12日(35歳)
出身地 北海道札幌市
スタイル 右ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 33
勝ち 27
KO勝ち 24
敗け 4
引き分け 2
テンプレートを表示

亀海 喜寛(かめがい よしひろ、1982年11月12日 - )は、日本プロボクサー北海道札幌市出身。第33代日本スーパーライト級王者。第38代OPBF東洋太平洋ウェルター級王者。帝拳ボクシングジム所属。入場曲はMr.Children終わりなき旅」。

来歴[編集]

アマチュア[編集]

札幌商業高校(現・北海学園札幌高等学校)在学中の2000年、インターハイライト級で出場し、優勝を収めた。帝京大学に進学後の2004年には彩の国まごころ国体成年の部にライトウェルター級で優勝(決勝で、後にプロで日本スーパーフェザー級王者となった岡田誠一を降す)、さらに同年の全日本選手権にもライトウェルター級で出場し、優勝(決勝で、後の世界選手権銅メダリスト、北京五輪出場の川内将嗣を降す)を収めてアマチュア3冠を獲得した。アマチュア通算戦績は69戦57勝 (31KO・RSC) 12敗。

プロ[編集]

2005年11月5日、タイの選手を相手に1回TKO勝ちを収めてプロキャリアを白星でスタートさせた。その後、12連勝(10KO)[1]

2009年10月11日、後楽園ホールにて小出大貴()と対戦し、7回TKO勝利で2009年スーパーライト級での最強後楽園優勝を果たし、日本王座への挑戦権を獲得した[2]

2009年12月5日、日本王座挑戦へのチューンアップ戦として元比国ライト級王者のJR・ソラーノ(フィリピン) と対戦し2回KO勝ちで退けた[3]

2010年4月12日、同級1位として日本スーパーライト級王者小野寺洋介山(オサム)に挑戦し、9回TKO勝利で王座獲得[4]。この試合が評価され5月6日には東日本ボクシング協会の平成22年4月度月間最優秀選手賞を受けた[5]

2010年7月20日、後楽園ホールにて同級5位の塩谷智行(レパード玉熊)との初防衛戦を行い4回TKO勝利で初防衛に成功した[6]

2010年10月24日、両国国技館にて元WBA世界ライト級王者ホセ・アルファロニカラグア)とノンタイトル10回戦を行い、6回KO勝ち[7]

2011年2月3日、インフルエンザA型感染症によるドクターストップで、2日後に予定されていた長瀬慎弥との日本スーパーライト級タイトルマッチをキャンセル。お詫びとして王座返上することを発表した[8]

2011年6月4日、後楽園ホールにてホエル・デラ・クルス(フィリピン)と対戦し2回KO勝ちで日本タイトル返上後の第1戦を白星で飾ると同時にウェルター級へ転向する事が明らかとなった[9]

2011年10月1日、アメリカ・ネバダ州ラスベガスMGMグランドホテル&カジノにて西岡利晃ラファエル・マルケスの前座で登場し、ヘクター・ムニョス(アメリカ)とウェルター級10回戦を行い、6回1分39秒TKO勝ちで、自身初となる米国本土での試合をKO勝利で収めた[10]。      

2011年12月3日、後楽園ホールにて前フィリピンGABスーパーライト級王者のエウセビオ・バルアルテ(フィリピン)とウェルター級8回戦を行い、5回に左ボディーでダウンを奪うなど終始相手を圧倒し3-0(79-73、78-73、78-74)の判定勝ちを収めデビュー戦以来からの連勝記録を20と伸ばした[11]

2012年4月16日、後楽園ホールにてアルフレド・チャベス(メキシコ)と66・6キロ契約10回戦を行い、9回に相手をコーナーに追い詰め一気に連打、相手コーナーがタオルを投入しレフリーストップ9回TKO勝利で21連勝[12]

2012年10月6日、アメリカ・カリフォルニア州サクラメントのメモリアル・オーディトリアムでメインで登場。ホルヘ・シルバ(メキシコ)とウェルター級10回戦を行いドロー判定で、デビュー戦からの全勝の記録が途切れた[13]

2013年2月2日、後楽園ホールにてホセ・アルベルト・レアル(メキシコ)と150ポンド契約10回戦を行い、2回1分59秒KO勝利、試合後インタビューで活動拠点を米国に移すことを告白した[14]

2013年6月8日、アメリカ・カリフォルニア州カーソンのホーム・デポ・センターにて元WBA世界スーパーライト級暫定王者ヨハン・ペレス(ベネズエラ)とWBAインターナショナルウェルター級王座決定戦を行う。序盤から手数の多い元暫定王者を相手にペースを掴めないままラウンドを重ね、最終10回まで戦い抜くも0-3(90-100、92-98、93-97)の判定負けを喫しプロ24戦目にして初黒星となった[15]

2013年12月7日、後楽園ホールにて、PABAウェルター級王者でOPBF東洋太平洋ウェルター級1位のティム・ハントとOPBF東洋太平洋ウェルター級王座決定戦を行い、5回53秒TKO勝ちを収め王座を獲得した[16]

2014年4月5日、後楽園ホールにて過去に渡部あきのり協栄野口)の持つOPBF王座に挑戦した経験を持つ同級4位の梁正勲(韓国)と対戦し、4回2分22秒KO勝ちを収めてOPBF王座の初防衛に成功した[17]

2014年6月21日、スタブハブ・センター・テニスコートにて元4階級制覇王者ロバート・ゲレーロと対戦するが、0-3(112-116、111-117が2者)の判定負けとなり2敗目を喫した[18]。米国では ショウタイム のボクシング中継番組『チャンピオンシップ・ボクシング』のメインイベントとして中継された。

2014年12月13日、MGMグランドにてオスカー・ゴドイ(アメリカ)と対戦し、4回1分58秒TKO勝ちを収めた[19]

2015年1月8日、日本人として初めてゴールデンボーイプロモーションズと契約した[20]

2015年3月20日、カリフォルニア州インディオのファンタジー・スプリングス・カジノでアルフォンソ・ゴメス(メキシコ)と対戦し、4回にゴメスがヘッドバットで減点されるアクシデントが発生するも、足を使ったボクシングのゴメスにペースを握られ、反撃の糸口をつかめないまま10回判定負けを喫した[21]

2015年7月7日、OPBF東洋太平洋ウェルター級王座を返上した。

2016年9月10日、ザ・フォーラムにてローマン・ゴンサレスカルロス・クアドラスの前座でヘスス・ソト・カラスと対戦し、序盤から試合を優勢に進め8回にボディでダウンを奪うと8回終了後にソト・カラスのセコンドが棄権を申し入れて8回終了TKO勝利を収めた。HBOの『ワールドチャンピオンシップボクシング』で放送された。

2017年3月18日、WBOは最新ランキングを発表し、亀海をWBO世界スーパーウェルター級12位にランクインした[22][23]

2017年4月22日、WBOは最近ランキングを発表し、亀海をWBO世界スーパーウェルター級5位にランクインした[24][25]

2017年5月25日、カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センター・テニスコートでWBO世界スーパーウェルター級1位のミゲール・コットサウル・アルバレスの王座返上に伴いWBO世界スーパーウェルター級王座決定戦を行うことが決定した[26]

2017年8月11日、WBOは最新ランキングを発表し、亀海をWBO世界スーパーウェルター級6位にランクインした[27]

2017年8月26日、サウル・アルバレスの王座返上に伴いカリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センター・テニスコートで元世界4階級制覇王者でWBO世界スーパーウェルター級1位のミゲール・コットとWBO世界スーパーウェルター級王座決定戦を行い、12回0-3(108-120、110-118、109-119)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[28][29]。HBOの『ワールドチャンピオンシップボクシング』で放送され、亀海は192,000ドル(約2100万円)、コットは750,000ドル(約8500万円)のファイトマネーを稼いだ[30]

2017年9月11日、WBOは最新ランキングを発表し、上述のコット戦に敗れ王座獲得に失敗した亀海をWBO世界スーパーウェルター級15位にランクインした[31][32]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:69戦57勝(31KO・RSC)12敗
  • プロボクシング:32戦27勝(24KO)3敗2分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2005年11月5日 勝利 1R 0:40 TKO チャイナロン・トーティバノン タイ王国の旗 タイ プロデビュー戦
2 2006年2月18日 勝利 3R 2:05 TKO マンファー・ルークサイゴーンディン タイ王国の旗 タイ
3 2006年7月1日 勝利 4R 0:55 TKO 伊藤健(アズ) 日本の旗 日本
4 2006年10月7日 勝利 6R終了 TKO 大久保充(宮田 日本の旗 日本
5 2007年3月3日 勝利 3R 1:59 TKO 鈴木哲記(ワールド日立) 日本の旗 日本
6 2007年8月4日 勝利 4R 2:59 KO 近藤康弘(角海老宝石 日本の旗 日本
7 2007年12月1日 勝利 10R 判定3-0 畑大輔(進光 日本の旗 日本
8 2008年4月19日 勝利 3R 2:25 KO モンテ・カルロス  インドネシア
9 2008年8月16日 勝利 2R 2:16 KO チョークチャラーム・ウォースラポン タイ王国の旗 タイ
10 2008年12月20日 勝利 6R 1:58 TKO 伊藤博文(相模原ヨネクラ) 日本の旗 日本
11 2009年3月21日 勝利 3R 0:44 KO グレン・マシカンポ フィリピンの旗 フィリピン
12 2009年6月6日 勝利 8R 判定3-0 ヘリ・アンドリヤント  インドネシア
13 2009年10月11日 勝利 7R 2:48 TKO 小出大貴( 日本の旗 日本
14 2009年12月5日 勝利 2R 0:43 KO JR・ソラーノ フィリピンの旗 フィリピン
15 2010年4月12日 勝利 9R 2:05 TKO 小野寺洋介山(オサム) 日本の旗 日本 日本スーパーライト級タイトルマッチ
16 2010年7月20日 勝利 4R 1:45 TKO 塩谷智行(レパード玉熊) 日本の旗 日本 日本王座防衛1
17 2010年10月24日 勝利 6R 2:36 KO ホセ・アルファロ ニカラグアの旗 ニカラグア
18 2011年6月4日 勝利 2R 2:05 KO ホエル・デラ・クルス フィリピンの旗 フィリピン
19 2011年10月1日 勝利 6R 1:39 TKO ヘクター・ムニョス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
20 2011年12月3日 勝利 8R 判定3-0 エウセビオ・バルアルテ フィリピンの旗 フィリピン
21 2012年4月16日 勝利 9R 1:47 TKO アルフレド・チャベス メキシコの旗 メキシコ
22 2012年10月6日 引分 10R 判定1-0 ホルヘ・シルバ メキシコの旗 メキシコ
23 2013年2月2日 勝利 2R 1:59 KO ホセ・アルベルト・レアル メキシコの旗 メキシコ
24 2013年6月8日 敗北 10R 判定0-3 ヨハン・ペレス ベネズエラの旗 ベネズエラ WBAインターナショナルウェルター級王座決定戦
25 2013年12月7日 勝利 5R 1:39 TKO ティム・ハント オーストラリアの旗 オーストラリア OPBF東洋太平洋ウェルター級王座決定戦
26 2014年4月5日 勝利 4R 2:22 KO 梁正勲 大韓民国の旗 韓国 OPBF防衛1
27 2014年6月21日 敗北 12R 判定0-3 ロバート・ゲレーロ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
28 2014年12月13日 勝利 4R 1:58 TKO オスカー・ゴドイ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
29 2015年3月20日 敗北 10R 判定0-3 アルフォンソ・ゴメス メキシコの旗 メキシコ
30 2015年10月3日 勝利 3R 3:09 KO ネルソン・グルペ フィリピンの旗 フィリピン
31 2016年4月15日 引分 10R 判定1-1 ヘスス・ソト・カラス メキシコの旗 メキシコ
32 2016年9月10日 勝利 8R終了 TKO ヘスス・ソト・カラス メキシコの旗 メキシコ
33 2017年8月26日 敗北 12R 判定0-3 ミゲール・コット プエルトリコの旗 プエルトリコ WBO世界スーパーウェルター級王座決定戦
テンプレート

人物[編集]

ニックネームは、スペイン語で「小さな教授」を意味する「MAESTRITO(マエストリート)」。本人によれば「ホセ・ルイス・ロペスメキシコ出身の元WBO世界ウェルター級王者)のニックネームを拝借した」とのことで、自ら名乗りだしたものが定着したという[33]

2010年10月現在で87.5%という高いKO率を誇るが、それとは裏腹に本人はディフェンスを重視しているという。スポーツ紙のインタビューでも「完璧なディフェンスが完璧なオフェンスにつながる。打たれなければ、攻めに100%比重を置けるじゃないですか。紙一重のところでかわして相手に打ち込んで倒す。まったく触れさせないボクシングが理想ですね」と語っている[33]

自ら「変人」を名乗っているように、日本のボクシングにおける「常識」を疑ってかかるスタイルを貫いている。その結果現在では、普段の構えも日本人ではあまり前例のないL字ガード(左手を水平にし、右手を顎に向けて立てるスタイル)を採用するようになった。本人曰く「L字ガードは肩幅の狭い日本人には通常向かない」が、「自分は骨格がいいし肩幅が広い」ことからL字ガードのメリットを生かせると判断したことが採用の理由だという[33]

獲得タイトル[編集]

アマチュア[編集]

  • 第54回インターハイライト級優勝[文献 1]
  • 第58回国体成年の部ライトウェルター級優勝[文献 2]
  • 第74回全日本選手権ライトウェルター級優勝[文献 3]

プロ[編集]

参考資料[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 亀海KO逸すも12連勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年6月6日
  2. ^ ベラミーMVP「最強後楽園」 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年10月12日
  3. ^ 亀海、前哨戦で強敵をKO撃退 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年12月6日
  4. ^ 亀海9回TKO勝ち 小野寺の日本王座攻略 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年4月13日
  5. ^ 亀海初の月間MVP 荒川は敢闘賞 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年5月8日
  6. ^ 亀海楽々V1 日本S・ライト級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年7月21日
  7. ^ 亀海世界テスト合格 山中は7連続KO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2010年10月25日
  8. ^ 亀海が急病でダウン 5日の防衛戦中止し王座返上 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年2月3日
  9. ^ 亀海2回KO勝ちで復帰戦飾る ボクシングニュース「Box-on!」 2011年6月5日
  10. ^ 亀海米国デビュー戦飾る ムニョスにTKO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2011年10月5日
  11. ^ 亀海20連勝も18度目のKOはならず ボクシングニュース「Box-on!」 2011年12月4日
  12. ^ 亀海21連勝もメキシカンに手焼く ボクシングニュース「Box-on!」 2012年4月18日
  13. ^ 亀海、シルバと分のいいドロー ボクシングニュース「Box-on!」 2012年10月7日
  14. ^ 亀海が右1発 2回KO勝利 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年2月2日
  15. ^ 亀海初黒星…… ペレスに大差判定負け ボクシングニュース「Box-on!」 2013年6月9日
  16. ^ 亀海がTKO勝ちで再起、OPBFタイトル獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月7日
  17. ^ 亀海がKOで初防衛、OPBFウェルター級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月5日
  18. ^ 速報 亀海奮闘及ばず、ゲレロに0-3敗 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月22日
  19. ^ 亀海喜寛、ラスベガスで4回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月14日
  20. ^ GBPが亀海喜寛ら12選手とサイン Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月9日
  21. ^ 亀海喜寛、3.20米カリフォルニア州に登場 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月13日
  22. ^ WBO RANKING MARCH 2017 WBO公式サイト 2017年3月18日
  23. ^ 京口、江藤、荒川、亀海がWBOランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月23日
  24. ^ WBO RANKING APRIL 2017 WBO公式サイト 2017年4月22日
  25. ^ 亀田和毅と久我勇作がWBOランク入り、テテ正規王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月27日
  26. ^ 亀海喜寛vsコット正式決定、WBO・S・ウェルター級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月25日
  27. ^ WBO RANKING AUGUST 2017 WBO公式サイト 2017年8月11日
  28. ^ Cotto beats Kamegai, wins WBO 154lb title. Fightnews.com 2017年8月26日
  29. ^ 亀海喜寛は金星ならず、コットに大差判定負け Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月27日
  30. ^ Purses: Cotto $750K, Kamegai $192K for last Saturday’s fight”. Boxing News 24 (2017年8月30日). 2017年11月18日閲覧。
  31. ^ WBO RANKING SEPTEMBER 2017 WBO公式サイト 2017年9月11日
  32. ^ WBA月間MVPはリナレス、WBOもランキング更新 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月30日
  33. ^ a b c 東京中日スポーツ・2010年10月19日付 8面「コンフィデンシャル」

「アマチュア・レコード」『日本ボクシング年鑑2005』 ボクシング・マガジン編集部編、日本ボクシングコミッション日本プロボクシング協会協力、ベースボール・マガジン社、2005年4月30日 ISBN 4-583-03849-6

  1. ^ 204頁。
  2. ^ 207頁。
  3. ^ 202頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
小野寺洋介山
第33代日本スーパーライト級王者

2010年4月12日 - 2011年2月(返上)

空位
次タイトル獲得者
長瀬慎弥
空位
前タイトル保持者
渡部あきのり
第38代OPBF東洋太平洋ウェルター級王者

2013年12月7日 - 2015年7月7日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ジャック・ブルベイカー