亀山城 (三河国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
logo
亀山城
愛知県
亀山城
亀山城
別名 作手城
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 奥平貞俊
築城年 1378年永和[1]
主な城主 奥平氏
廃城年 慶長15年(1610年
遺構 土塁曲輪空堀
指定文化財 なし
位置 愛知県新城市作手清岳

亀山城(かめやまじょう)は、愛知県新城市作手清岳にあった日本の城作手城と表記されることもある。

概要[編集]

作手盆地の南東部に位置。

上野国から作手地方に移住した奥平貞俊は当初、川尻城を本拠としたが、応永31年(1424年)に亀山城を築き移った。

駿河国今川氏尾張国織田氏など転属先を変えて生き延びてきた奥平氏の本拠地であった。

元亀年間(1570年 - 1573年)には、奥平貞能の子貞昌(信昌)甲斐国武田氏に従属したため、武田氏の三河侵攻の拠点となる。だが、天正元年(1573年)には徳川氏へ再転属。徳川家康によって貞昌が長篠城主となったため、主要な城ではなくなった。

関ヶ原の戦いの後、慶長7年(1602年)には信昌の四男松平忠明が城主となり作手地方支配の拠点となるが、慶長15年(1610年)に伊勢国亀山城へ移封されると、城は廃城となった。

遺構[編集]

土塁や曲輪、空堀などの保存状態は比較的良く、奥平氏の屋敷群推定地があり、岡崎街道沿いには短冊形地割も確認されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 額田町史』 額田町教育委員会1986年11月1日、P146

関連項目[編集]