亀井至一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

亀井 至一(かめい しいち、天保13年(1842年)‐明治38年(1905年5月27日)は江戸時代末期から明治時代の石版画家、木版画家。

来歴[編集]

国沢新九郎及び横山松三郎に師事して石版と油絵を学んでいる。弟に亀井竹二郎がいる。第1回内国勧業博覧会に「上野徳川氏家廟之図」を、第2回内国勧業博覧会にも作品を出品、第3回内国勧業博覧会には「美人弾琴図」を出品している。木版画も作製していたが、後に玄々堂印刷所に入って石版画を学んだ。代表作に「日光名所」、「東海道名所」などが挙げられる他、蜷川式胤の「観古図説」などが知られている。また、矢野竜渓政治小説経国美談』(1883年刊行)の挿絵東海散士の政治小説『佳人之奇遇』(1885年から1897年刊行)の挿絵、砂目石版による美人画に優れている。享年64。墓所は小田原市外の久野霊園。

作品[編集]

  • 「日光八景」 全8枚 木版画 明治13年から明治14年
  • 「岸田吟香像(玄々堂人物写生帳より)」 水彩画(スケッチブック) 明治17年 郡山市立美術館所蔵

参考文献[編集]

  • 吉田漱 『浮世絵の基礎知識』 雄山閣、1987年
  • 上田正昭他編 『日本人名大辞典』 講談社、2001年