亀井淳 (ジャーナリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

亀井 淳(かめい じゅん、1935年1月12日 - 2009年5月10日)は、日本のジャーナリスト

人物[編集]

東京都出身。慶應義塾大学文学部仏文科卒業1957年4月、新潮社に入社。同期に入社した社員に江國滋がいた。父は英文学者・元慶應義塾大学教授の亀井常蔵[1]、妻は翻訳家の亀井よし子[2]、長男は法学者・慶應義塾大学教授の亀井源太郎

週刊新潮』編集部には21年在籍し、同誌編集部次長を経て、1978年に退社、フリーとなる。日本ジャーナリスト専門学校専任教員を務めた。

2009年5月10日、肺癌のため東京都新宿区の病院で死去[3]。74歳没。

ジャーナリストとしての活動[編集]

週刊新潮編集部次長の経験を活かしたマスコミ・ジャーナリズムに関する評論のほか、三宅島や沖縄における自衛隊・米軍基地問題の取材・報告を主たる活動テーマとした。

絶筆は、週刊新潮「朝日襲撃犯」スクープ誤報に関して「ジャーナリスト」紙2009年4月号に掲載された原稿であり、同稿において、亀井は、週刊新潮の取材姿勢を批判しつつ、週刊誌メディアの重要性を説いている[4]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『亀井淳の「遠近法」日録』2003年1月20日付け去年今年より。
  2. ^ 亀井淳の訃報記事による。
  3. ^ “亀井淳氏死去 フリージャーナリスト”. 共同通信社. 47NEWS. (2009年5月11日). http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009051101000484.html 2013年1月3日閲覧。 
  4. ^ 亀井淳ホームページによる。

外部リンク[編集]